モノ/ガジェット

配置もデザインも全部自由。自分に最適な自作キーボードを作る

鳥羽恒彰/トバログ

モノ系ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

――
フォローお願いします!
――
好みの打鍵感を得られる数十種類のキースイッチに、(ECサイトを巡れば)無限大に広がるデザイン性、そして QWERTY 配列にこだわらず、完全に自分の好みのキー配列にできるという、ミニ四駆やベイブレードのようなキーボードの世界だ。エンジニアなどからの注目も高い。

僕も気になっていたということもあり、トバログも自作キーボードに手を出してみることにした。

自作キーボードを簡単に一言で表すと「僕が考えた最強のキーボードを自分で作ることができる」ということ。出来合いの市販のキーボードとは異なり、基板の形状や打鍵感、デザイン、そしてキーの配置など、自分に最適化されたキーボードを作り上げることができるのが自作キーボードの魅力だと感じる。

元々は海外のエンジニアを中心に人気がある印象で、僕も度々 Instagram なんかで画像検索はしていたのだけれど、少し前から国内でも自作キットの発売や専門店によるリアル店舗の開店など、ここ数年で賑わいを見せてきた印象だ。

自作キーボードのキットによっては親指を有効活用できるため、キー配列もかなり柔軟になる点が嬉しい。例えば僕は日本語でのブログ執筆がメインなので、句読点や感嘆符をもっと自然に押しやすい配置にリマップしたい。
――
▷詳しくはトバログでも読めます
配置もデザインも全部自由。僕の考えた最強の「キーボード」を作りたい|僕だけの自作キーボード
https://tobalog.com/2019/04/zisaku-keyboard/

…続きを読む