モノ/ガジェット

旅にキャンプに!缶ホルダーにもタンブラーにもなるサーモスの2way缶ホルダー

鳥羽恒彰/トバログ

モノ系ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

サーモスの缶ホルダーに、タンブラーとしても使える 2way モデル『保冷缶ホルダー(ROD-002)』が登場。アウトドアシリーズとして限定発売している缶ホルダーで、350ml の缶がぴたりと収まるサイズながら二重構造となっており、缶ホルダーとしてはもちろんタンブラーとしても使える点が魅力的。これまでの缶ホルダーとは異なり、熱々のコーヒーを注いでもOKだ!

――
▷ブログ:缶ビールもずっとキンキン。タンブラーとしても使えるサーモスの2way缶ホルダーが最高
https://tobalog.com/2019/09/thermos-rod-0028/
――

缶ビールはもちろん、ハイボールやジントニックといった氷を入れて冷やすタイプのお酒にも最適だ。朝になったらコーヒーを注ぐのも最高の使い方。重さは約200gなので、バックパックに入れても気にならない重さだ。カラーはミッドナイトブルーとステンレスの2色展開。価格は2,700円とやや高いが、2 way で限定出荷ということもあり、楽天ではなかなか在庫がない状況だった。

実際にビールの缶をセットしてみたが、収まりもよくくぼみがあるので持ちやすいと感じる。最近はソフトドリンクの 350ml 缶はあまり見かけないので、基本的にはビールや缶チューハイといったアルコール飲料を楽しむのに最適だろう。

実際に使ってみた感想としては、缶ビール単体で楽しむよりも圧倒的に冷たく(美味しく)飲める時間が長くなると感じた。自宅で保冷タンブラーを使っている人は分かると思うが、最初の1口目から飲み終わる最後の一滴までほとんど温度が変わらないあの感じ。

キャンプや BBQ はもちろん、ちょっとした宅飲みなんかにも持参して、どこでも使いたい。これで2,700円はお得だ。ビールで楽しんだ後は、淹れたてのコーヒーをタンブラーとして使えるのがとにかく嬉しいポイント。これでビールだけでなくコーヒーやハイボールのような飲み物も楽しめる。一石二鳥とはまさにこのこと。

フェスやキャンプといったアウトドアなシーンはもちろん、自宅でも会社帰りでも、缶でビールを飲むすべての人におすすめなので気になる人はチェックしてみてほしい。

…続きを読む