モノ/ガジェット

iPhoneをMacBookで直接充電!『Lightning to USB Type-C ケーブル』

鳥羽恒彰/トバログ

モノ系ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回動画で紹介しているのは iPhone を USB Type-C で充電できる『Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル』。

――

ブログで詳しく紹介▷ケーブルを白で揃えるプロジェクト②:iPhoneをMacBookに直接挿せる『Lightning to USB Type-C ケーブル』
http://bit.ly/2J1mHRV
――

iPad Pro が USB Type-C ポートになったにも関わらず、iPhone は未だ Lightning ポート(しかも付属のケーブルは片側が USB Type-A)。せめて AC アダプタやモバイルバッテリーでの出力は USB Type-C に統一したいと思い購入した。

僕が購入したのは 90cm と持ち運びやすい長さ。他に 1.8m のも売られているので、自宅で使うのであれば長い方でも良いかもしれない。なおカラーはブラックとホワイトの2色展開。価格はどちらも1,500円ほどと同じ額だ。

「なぜ iPhone には Lightningケーブルが付属しているのに Type-C to Lightning を買ったのか?」というと、理由はブログに書いたが、大まかにいうと「充電や通信の環境を『USB Type-C』に統合したい」という意図がある。

モバイルバッテリーも USB Type-C での入出力に対応したモデルを購入しているし、普段から MacBook Pro の AC アダプタも持ち歩くので、これらを使って iPhone も充電できたらラクだと感じる。

またブログでは紹介しているが、cheero から発売となったモバイルバッテリーなら、筐体カラーがホワイト(一応白で揃えるプロジェクトの一環)だし、USB Type-C での出力にも対応している。これで iPhone の充電器周りも USB Type-C で完結できるようになった。嬉しい。

今回紹介したケーブルを含め、Anker の製品は、ユニクロや無印良品のように「いつでも手に入りやすく」「性能や保証に安心感があり」「なおかつ安い」というメリットがある。どこかケーブル周りに統一感がないと思う人は、Anker のケーブルで統一することをオススメしたい。

…続きを読む

モノ/ガジェットの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る