モノ/ガジェット

物理キーでポチポチ打てる!ブラックベリーの最新スマホ『BlackBerry KEY2』

鳥羽恒彰/トバログ

モノ系ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

BlackBerry KEY2 は2018年の秋頃に発売となった機種。スマホ業界ではやや古めだが、BlackBerry 端末では一番新しいモデルとなる。時代錯誤なボディだが、物理キーボード好きにとってはたまらない筐体だ。スペックもいわゆるミドルレンジではあるが、メイン端末としてそれなりに使えるくらいにはサクサクだ。

――
ブログでも紹介中▷BlackBerry KEY2を買いました
https://tobalog.com/2019/11/blackberry-key2-2/
――

筐体は完全なるブラック。他にもデュアルSIM対応(でストレージが64GBの)シルバーや台数限定モデルのレッドがあるが、一番シンプルなデザインはブラックだった。そして端子は USB Type-C。国内モデル(BBF 100-9)の価格は8万円程度だけれど、状態の良い中古品が6~7万円で売っている。新品を気にしないのであれば、それを買っても良いかも。

BlackBerry ってこんなに小さいのにキー打てるの? とよく言われるが、結論から言えばけっこうちゃんと打てる。まあある程度は慣れも必要だが、普通に打てるし打鍵感も心地良い。過去の経験からいうと、慣れればタッチタイピングも可能だ。

これまで数台の BlackBerry 端末を愛用してきたけれど、OS の問題だったりスペックの問題がけっこう大きく、メインのスマートフォンとして常用するのは(僕個人としては)難しかった。

でも BlackBerry KEY2 は物理キーボードを搭載した Android スマートフォン。グーグルドライブや写真加工系のアプリはもちろん、QR決済アプリや LINE などのメッセンジャーアプリも問題なく使うことができる。

…続きを読む

モノ/ガジェットの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る