モノ/ガジェット

日常使いに最適なモバイルバッテリー

鳥羽恒彰/トバログ

モノ系ブロガー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

Anker PowerCore III Fusion 5000をチェック
https://bit.ly/39tjpD1

ーー
■ブログ:一軍確定!日常使いに最適な”あのモバイルバッテリー”の後継機『Anker PowerCore III Fusion 5000』購入
https://tobalog.com/2020/07/anker-powercore-fusion-5000/

■YouTube:【モバイルバッテリー】迷ったらコレを買えば間違いない!|Anker PowerCore III Fusion 5000
https://youtu.be/dOKqfu9Vels
ーー

Anker PowerCore III Fusion 5000(アンカー パワーコア スリー フュージョン 5000)は、冒頭でも紹介したとおりAC充電器を兼ねたモバイルバッテリーだ。2017年に発売し累計50万台売れた Anker PowerCore Fusion 5000 の後継機。

本モデルは4850mAhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、新たに USB-C ポートが備わった。USB PD(Power Delivery)に対応した 独自規格 PowerIQ 3.0(Gen2)で、 iPhone などの対応スマホに最大18Wでの出力ができる(iPhone 11 なら50%まで30分で充電可能!)。

充電器兼モバイルバッテリーの 2in1 で使える点は前モデルを踏襲しつつ、USB-C ポートを搭載し 18W でiPhoneの急速充電もできるようになり、再び「毎日持ち歩くモバイルバッテリー」として1軍として使えるように。

カラーは記事執筆時点でブラックとホワイトの2色展開、販売価格は3,590円(税込)だ。

■このアイテムの何が良い?

・モバイルバッテリー兼ACアダプタとして使える
・最大18W(PD)での出力に対応
・USB Type-C ポートが備わっておりさまざまな端末で幅広く使える

■このアイテムの残念なポイントは?

・USB-C は出力のみで充電はプラグからのみ
・約5000mAh(4850mAh)と容量は小さい
・AC充電器を兼ねるとはいえサイズは大きめ

…続きを読む