タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【川崎市中原区】東スポだけじゃない、新聞×餃子の異色コラボは中原区にも存在していた!

tomatosan

地域ニュースサイト号外NETライター(川崎市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

先日TVを見ていたら突如流れてきた、東スポが餃子販売事業に新規参入するというニュース。なぜ新聞社が餃子販売なのかと、その後SNSを中心に話題になっていましたが、なんと! それよりももっと前から、新聞×餃子の異色コラボを実践しているところが中原区にありました。

天晴!?
天晴!?

読売新聞武蔵中原店の店内で、びっくり仰天、まさなこんなところに? そう、餃子が販売されているのです。

新聞販売店らしく、配達用のバイクがしっかり並んでいます。
新聞販売店らしく、配達用のバイクがしっかり並んでいます。

その名も横浜生冷凍餃子「天晴餃子」。100%国内産の材料を使い、防腐剤、保存料は一切使用していない、安心安全美味しい餃子との事ですよ。国産、防腐剤・保存料なしというのは結構刺さるポイントです。

入口が二つ。右は新聞屋さん、左が餃子屋さん
入口が二つ。右は新聞屋さん、左が餃子屋さん

なんだか不思議な新聞と餃子の組み合わせですよね。なぜ新聞屋さんに餃子なのか謎は深まるばかりですが、餃子をつつきながら新聞を読んでほしいという事なのかもしれません。

可愛いいキャラクターがお出迎え
可愛いいキャラクターがお出迎え

どこからどう見ても新聞販売店なので、一見ちょっと入りにくそうな感じもありますが、全然大丈夫! とてもウェルカムに迎えてくれます。

左の入り口はめっちゃ餃子推し
左の入り口はめっちゃ餃子推し

餃子の種類は5種類です。

  • あっぱれ餃子 1,200円 (あっさりなのに旨みたっぷり。基本の餃子)
  • 男前餃子   1,500円 (​にんにくたっぷり、食べ応えのあるスタミナ餃子)
  • 極旨餃子   1,600円 (上質な豚肉をたっぷりと使用した、旨み極まる満足感のある餃子)
  • 旨辛餃子   1,800円 (通好みの辛いやつ、辛いけどその辛さがやみつきになる餃子)
  • しそ餃子   1,500円 (サッパリとビタミンたっぷり、しその香りが広がる爽やかな餃子)

今回初めての購入だったので、まずはオーソドックスから攻めるべく、あっぱれ餃子をセレクト。

新聞屋さんらしい袋に入れてくれました。
新聞屋さんらしい袋に入れてくれました。

一袋に30個入っているそうなので、一つ40円というお得さ!(お得大事!)冷凍で3ヵ月持つそうですよ。ちゃんとホームページで美味しい餃子の焼き方までも紹介してくれています。(なんて親切な・・・)これからの季節は餃子鍋なんてのも良いかと思います。ぜひ新聞屋さんの安心安全美味しい餃子を買いに行ってみてください!

●「天晴餃子」読売新聞武蔵中原店●
神奈川県川崎市中原区井田中ノ町12-4

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想