タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

ほぼホテル!いすゞベースのキャブコンSAKURAが豪華すぎる!

ともさん

動画クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

最近テレビでもバンライフ特集や色んなキャンピングカーを見ることが増えてきましたね。
そんな中、トラックで有名ないすゞBe-Camベースのキャンピングカーがあるのをご存知でしょうか?
ブームの兆しを見せているバンライフ・車中泊を追い風に様々なキャンピングカーが登場しています。
今回ご紹介する日本特種ボディーのSAKURAですが、完成度が非常に高く、突飛な機能は多くは無いですが地に足のついた使用者目線で改善されつくした一台という印象を持ちました。
まさに動くホテルとも感じれるSAKURAを紹介していきます。

外装周りをチェック

高さ:3.02m
長さ:5.23m
幅:1.99m

キャンピングカーの中でも特別大型という印象は受けませんが、慣れてない人は全体的に大きいので運転には注意が必要です。
タイヤは前輪がシングル、後輪がダブルとなっています。特にキャンピングカーは後方が重くなりトラブルも多いので後輪を二重にしています。
そして屋根にはソーラーパネルが設置されてます。オプションによって前後はしますが、ソーラーパネルを全て(6枚)取り付けて天候も良ければクーラーの消費電力分+充電できる分の発電量はあるとの事です。「夏も怖くないですね」

そしてキャンピングカーの憧れサイドオーニングもついています。
一人で展開可能です。雨の日、日差しの強い日でも車の軒下で作業が出来てしまいます。

後方には荷室もあります。人一人は余裕で入れるサイズ感ですね。
ここにテントやらアウトドア用品を詰め込んでも良いですし、空間が広いので何でもできそうですね。

気になる内装

車内はホテルの一室のような完成度
車内はホテルの一室のような完成度

まずはドアを開けるとリビングです。部屋全体が統一されたコーディネイトになっており、
「まさにホテル」というレベルのキレイな内装になっています。至る所に照明も設置され自然と気持ちも明るくなっていきます。

充実の車内設備
充実の車内設備

車内設備も充実です。特に電化製品が充実してますね。
ソーラーパネルもあり発電環境もあるのでバッテリー残量をそこまで気にしなくても利用できるのが嬉しいですね。

後方ベッドスペース
後方ベッドスペース

最後尾にはベッドがあります。
ベッドは一つですがその分空間が広く足元にはテレビ!ずっと寝転がれそうです。
そしてベッドの下には独立したスプリングがあります。寝心地としてはキャンピングカーのベッドではなく、もはや普通にベッドです。寝心地は最高です。

バンクベッド
バンクベッド

やはり、キャンピングこうカーと言えばバンクベッドは楽しみの一つですよね。
SAKURAにももちろんあります。
リビングから戸を開けてハシゴを使って登ります。
両サイドに窓があるので朝日で気分良く目覚めることができますね。
大人も横になって十分な広さがあります。

ちょっと試乗してみます。

アラウンドビューモニター
アラウンドビューモニター

とはいえ、キャンピングカー一番大変なのが運転ですよね。
そんな不安を少しでも解消してくれる機能がいくつも搭載されています。
その中でも一番すごいなと感じたのがアラウンドビューモニターです。
大きい分、確認箇所が多くなり運転が大変になりますが車体に取り付けられたカメラにより360度周囲が確認できます。
もちろん最終的には目視での確認が絶対な部分はありますがこういった大きい車ならではの大変な部分を少しでも軽減してくれる機能は嬉しいですね。

実際に車道に出てみました。
運転席の位置が高く、窓も十分な広さがあるので見渡しはすごく良いです。
各所に補助ミラーもあるので死角と言える場所もほぼ無いのかなといった具合です。
車体が大きいのでもちろん、幅や高さには気をつけないといけないのですが非常に運転はしやすかったです。

いかがだったでしょうか。
通常、キャンピングカーはホテルのような快適性を求めてはいけないのが通説ですが、SAKURAに関してはホテルのような清潔感・快適性がありました。
装備も充実しすぎてて、旅の大変さを味わうことができなくなるかもしれません。
と。言えるぐらい充実した一台でした。車体の大きさ以外には随所に丁寧さがあり、非常に使いやすかったです。(開発にあたりユーザーボイスをしっかり拾った日本特種ボディーさんの努力が見て取れました)

SAKURAは色んなキャンピングカー、アウトドアのイベントで出典しているので見かける事があれば是非覗いて見てください。
こちら2020年10月の取材時の情報を元に制作しているので更にアップグレードしている可能性がありますのでそういった違いも見れるかもしれません。

また、今回伝えきれなかった部分も動画で見れるようにしています。
お時間のある方はそちらも合わせてご確認いただけますと幸いです。

シェア

いいね

コンテンツへの感想