タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

250cc王道の人気車種!ホンダのRebel250はツーリングが楽しくなる低重心の王道バイク

ともさん

動画クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

梅雨が明けましたね。そして急に真夏日モードになりました!
今回は、250ccの中で2018年~2020年(126-250cc)で販売台数一位を誇っているホンダのRebel250をご紹介します。(※バイクの系譜参照。大元のデータは二輪新聞より)
非常にカッコよくて、バイク屋さんに一番乗りやすいバイクは?と聞くとオススメしてくれるのがこちらのバイクになります。

・低重心で非常に乗りやすい
・デザインがバイクらしいかっこよさ(ネイキッドタイプというかアメリカンクルーザーというかそのような感じです)

サイズ的には一般的なバイクという感じですがやはりイチオシはシート高
690mmと低めに設定されているので体の小さな方でもベッタリ足がつけます。そして重心も低く安定した乗り心地になります。

概要データ(詳細はHONDAのページにて)

全長(mm):2,205
全幅(mm):820
全高(mm):1,090
軸距(mm):1,490
最低地上高(mm):150
シート高(mm):690
車両重量(kg):170
燃料タンク容量(L):11
燃費:46.5km/L

174cmの筆者だと若干膝が曲がる程度には座れます
174cmの筆者だと若干膝が曲がる程度には座れます

私は250ccクラスのガソリン車に乗るのが数年ぶりで非常に不安だったので
バイク屋さんに聞いたところオススメだったのがこちらのRebel250でした。
いきなり路上運転が不安だったので駐車場の端で少し半クラの練習しました。

全然問題ありませんでした。
と、言うかギアの切り替えが断然ラクでした。
MT車にとってやはり鬼門となるのが半クラですが、これなら渋滞時でも焦らず運転できそうです。

MT車はやはり坂道と信号待ちからスタートがエンスト注意
MT車はやはり坂道と信号待ちからスタートがエンスト注意

実際に路上に出てみました。大阪の高槻市でちょっと車通りも多く信号も多い場所でした。
おかげで半クラを何度も試せましたが想像以上に楽にできました
信号待ちの時もしっかり足がつくので立ちごけの心配も少しはなくなると思います

重心も低かったので安定感もあり、非常に心穏やかなツーリングができました!
風もしっかり受けれるのでバイク本来の爽快感もあります。

いかがだったでしょうか。
人気車種というのが納得できる程の安定感・走り心地でした。
更に「Rebel 250 S Edition」という更に近未来感の強いタイプもあります。

ごちゃごちゃと機能やパーツが無いシンプルなデザインなのでどなたにでも乗りやすいバイクになるのではないでしょうか。
いきなり購入(599,500円)、というのは難しいかもしれないので、レンタルのHondaGO2りんかん等、色んな所で乗れると思うのでぜひ一度乗ってみてください。

そして、今回のバイク、実際に走っている部分であったり、もう少し各パーツの紹介を動画でやっています。お時間、ご興味のある方はそちらも合わせてご覧ください。

※動画では2りんかん 高槻店で撮影させて頂きましたが、現在は茨木2りんかんに移転しております

シェア

いいね

コンテンツへの感想