タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

ダイキン製持ち運べるエアコンが新しくなってキャンプ・車中泊向きに進化しました!

ともさん

動画クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

連日の猛暑に皆さんどうお過ごしでしょうか。
今回は、以前記事にした持ち運べるダイキンのエアコン「Carrime」が2021年に改良されて新登場しましたのでコチラをご紹介させていただきます。

ポータブルエアコン、ポータブルクーラーと言うことで売り出されていますが
特にこの1、2年で急速に販売が加速しているスポットクーラーの一種のイメージですね。

以前のキャリミーに比べて

・ポータビリティ
・省電力
は若干落ちますが、その分機能性が向上しています(色んな意味で)。

こちらが今回の新型Carrimeです。(黒いのはAnkerのポータブル電源)
パッと見は以前の製品とあまり変わりません。

比べてみるとこの通り、新型の方が一回り大きくなっています。
初代を販売した際にユーザーからの声を集めて改善されたのが今回の新型Carrimeです。

黄色が優位と思う部分、グレーは一緒
黄色が優位と思う部分、グレーは一緒

簡単に比較したものがコチラです。
初代Carrimeは消費電力やサイズ、重さの部分優位です。
今回の新型は静音性や冷却能力を向上させています。
ポータブルが出来るサイズを保ちつつ、やはりユーザーボイスとしては更なるスペックアップが要望として多かったのかと思います。(私もその一人でした)

実際、他社のスポットクーラーに比べると重さが10キロ以内、出力200W以下というのはCarrimeならではの強みの一方、冷却機能がどうしても弱くなってしまうのが弱みでしたが今回はその部分を補おうという動きが見られました。

そして今回大きく良くなったのは付属品です。
初代Carrimeではダクトアタッチメントのみ付属されておりましたが、今回はそこに加えて
「ダクト」「左右風向ルーバー」「排水用ドレンホース」が加わりました。
つまりこの一式を取り付ける事で、排熱と排水が可能となり長時間の稼働が実現しました。

今回のアップデートでデスクワーク等で数時間作業する場合でも対応できそうですね。

出力を「130w」「150w」に上げた事で冷風も周囲温度「-7度」「-10度」へと機能が上がりました。
150wと言えば、ゲーミングノートPCでも200w出力の時代なので省電力という部類に入るのではないでしょうか。
ポータブル電源と併用すれば屋外でも利用が可能です。(防水防塵ではないので注意は必要です)

とはいえ、冷却機能としては正面に立っている人が涼しいという感じです。
家庭用エアコンと同等の機能と期待して購入すると期待はずれになりかねませんのでそこは十分にご注意ください。

ファンの音も若干静かになったものの、最大風量では枕元にまだ置けない音量なので、この部分も次回が出るのであれば期待したいところです。

とはいえ。車中泊やキャンプなどで少しが暑いという時に扇風機以外の選択肢としてはアリなのかなという印象です。

その他、スポットクーラーと同等の注意点としては以下です。
・締め切った部屋で稼働すると、室温自体は上昇する。(冷気<排熱)
・クーラーとしての過度の期待は禁物(スポットのクーラーです)
・価格的には6畳用家庭用クーラーと同等

ただし、コンセントがあればある程度の場所で使えたり持ち運べるクーラーなので
遊びに持っていけるという事で楽しむ幅は増える一品かと思います。

そして、今回の新型Carrimeについて動画も作成しています。
もう少し詳細に説明しているのと実際の稼働音などは聞いて見たほうがわかりやすいと思いますので
お時間のある方は是非下記の動画も合わせて御覧ください

シェア

いいね

コンテンツへの感想