タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

キャンプでもスナック菓子を気にせず食べれる!ダイソーのイージーシーラーで開けた袋を再密閉!

ともさん

動画クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは。
皆さん、シーラーというものをご存じでしょうか?
食べかけの袋を熱で溶かして、再び密閉することができるキッチン雑貨です。

ポテトチップスでも何でもそうですが、一人でお菓子を食べる時って一袋まるまる食べてしまうと量が多すぎますよね。
ただ、そのままにしておくとシケってしまったりで風味も食感も変わってしまいます。
輪ゴムで閉じようにもこういう時に限って、輪ゴムがなかったり。。なんてことは無いでしょうか。

こういう時にシーラーがあれば再び口の部分を熱で溶かして溶着できます
再び開けたての状態で食べることができるのです。

シーラーと言っても値段はピンきりで数千円のものもありますが、今回ご紹介するダイソーのイージーシーラーは税込110円です!
ダイソーに行った際に前々から気になっていた商品だったので今回そちらを買って来ましたので紹介させていただきます。

こちらがイージーシーラーです。
アルミ蒸着袋、ポリプロピレン、ポリエチレン、塩化ビニル厚み0.1mmまでの袋に対して溶着できるようです。

形状としては大きなホチキスのような形をしています。
正面から見てポコっと出ている部分が発熱部です。そして不意なヤケドを防ぐために安全カバーもついています。

フタを開いて電池カバーを外すと単3電池を2つ入れて使用できます。(単3系アルカリ乾電池が良いそうです)
準備はこれだけで完了です。

フタ側を見るとのぞき穴と発熱部がある目安ラインがあるのでこれを目印に溶着をしていくことになります。
(ただ、のぞき穴に関しては別にそこに穴がなくても溶着作業自体はできました。というか活用できませんでした。)

試しにコンビニで買ったポップコーンの袋を閉じていきます。
(安全カバーを外してフタで約3秒発熱部を押さえてから溶着を開始します)
ゆっくりと、そして丁寧に往復しながら溶着をしていきました。

一作目は見事失敗しました。
焦げるのを恐れて早めのスピードで何度も往復したのが原因かもしれません。
もしくはポップコーンの袋が0.1mmを超えていたのか。。

時を変えて二回目の挑戦です。
リベンジということで同じ製品の袋でチャレンジです。

二回目は、さらにきれいに閉じれました
密閉まではいきませんがこれならある程度は中身が長持ちするのではないでしょうか
結果、慣れればキレイに閉じれる感じです。
※この製品をレビューしている方々はキレイに閉じれている方がいました。相当の使い手ですね。

使ってみて感想としては
良かったところ
 ・安い
 ・密閉はできるので、輪ゴムなど持たなくてもOK
■要確認
 ・溶着するのにそこそこ時間がかかる。上記写真のお菓子の袋でも3,4分かけてやりました。(熟練度の違いや電池もアルカリ電池ではなく充電式のものだったのも原因かもしれません)

と、いう具合です。
これがあれば、家でもそうですし、キャンプや車中泊の時でも気軽に食べて、食べきれない分は溶着して家でまた食べるということも出来るのではないでしょうか。

気軽に試せる値段ですのでダイソーで見かけたらぜひ手にとってみてください。

そして使い心地や溶着の部分は動画で見たほうがわかりやすいと思います。
動画でも利用シーンを入れてみましたのでお時間のある方は御覧ください。
初めての利用の時だったので、下手な仕上がりにはなっている点はご了承ください。。
(動画内4分36秒から紹介しています)

シェア

いいね

コンテンツへの感想