タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

キャンプでもダイソー!1100円でも安すぎる!?全部込みのコーヒーメーカーがキャンプを楽しくさせる

ともさん

動画クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

こんにちは。
みなさん!ダイソーに「アウトドアコーヒーメーカーカップセット」という商品があるのをご存知でしょうか?
ダイソーでは強気の1100円(税込)です!

ただ、オールインワンタイプのコーヒーメーカーなので、これが1100円だとかなり安い
キャンプブームに後押しされて作っただけの製品なのかを確かめるべく実際に購入しましたので紹介いたします!
(ただ、コーヒーメーカーに詳しくは無いので率直に使ってみた感想も含めてご紹介しますね)

こちらが今回の「アウトドア コーヒーメーカー カップセット」です。
パッケージからも分かる通り完全にアウトドアを意識した製品ですね。

600mlのペットボトルと並べてみるとこの通り、ペットボトルより小さいんです!
何かとアウトドアって道具がかさばってしまうのですがこれだけコンパクトだと嬉しいですよね。

パッケージを見ていただくと分かる通りこれ1台で「挽く」「淹れる」「飲む」の3つができてしまいます
つまり「豆とお湯」があればどこでもコーヒーを豆からゴリゴリして飲めてしまうのです!

パーツを全部バラすと↓4つ
・カップ×2
・手動式ミル
・ドリッパー

横に並べるとこんな感じ。
どれも同じようなサイズ感ですね。

特に、取り扱い説明書が無いのですが基本的には「手動式ミルとカップ」、「ドリッパーとカップ」をセットして利用します。

ちなみにドリッパーにはカップに落ちないようにストッパーがついてますね。

ミルの方はハンドルを展開すると13cmまで伸びます。

嬉しいことに粗さの調整が可能です。(ミルの裏にあります)

それでは今回コーヒー豆を用意したので実際に豆を挽いてコーヒーを作ってみます。

まずはコーヒー豆を適量投下

あとは豆をゴリゴリ挽きます。
ハンドルが13cmと長めなのでスムーズにゴリゴリ挽けます。

挽いた豆がこちら。ちょっと粗目にしてみました。
思った以上にあっさりと出来ました。むしろサクサクいけて楽しかったぐらいです。

あとは挽いた豆をドリッパーに移してゆっくりとお湯をかけていって出来上がり。

サイズが小さいこともありコーヒーを作る工程もさほど苦労も時間もかかりませんでした。
ちなみにカップは230mlと少し小ぶりです。
実際に飲んでみましたがしっかりコーヒーの風味が出て美味しくいただけました。

今回一通りコーヒーの出来上がりまで進めて見ましたが非常に使いやすかったです。
気になるところといえば、カップが230mlと小さめなので多くの量を飲みたい人には少し物足りないかもしれません

良かった所
・この仕上がりで1100円は正直やすいと感じた
・手動式コーヒーミルが使いやすい
・結構コンパクト

という感じです。個人的にはアウトドアでコーヒーを作って飲みたいなと思っている人にはおすすめです。

そして今回の「アウトドア コーヒーメーカー カップセット」ですが動画でも使用シーンを撮影しました。
実際のサイズ感や使用感は動いている所を見たほうがわかりやすいと思いますのでお時間があればぜひ合わせてご確認ください。(製品が出てくるのは9:41から)

シェア

いいね

コンテンツへの感想