タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

持ち歩ける約1万円のテレビ!13インチのドンキのポータブルテレビがアウトドアの幅を広げる!

ともさん

動画クリエイター

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

皆さん。持ち運べるテレビというのをご存知でしょうか!?
前々から存在はしていたのですが、
この度、ドンキさんからポータブルテレビが発売されました!
「13.3V型バッテリー内蔵 私の右腕テレビ」

表面
表面

名前の通り約13インチでバッテリー内蔵なので電波が届けばどこでもテレビが見れてしまう一品です。
特にポイントとしては
・約830gと軽量
・バッテリー内蔵
・13インチとちょうど良いサイズ
・価格は10,978円(税込)
という所です。

裏面
裏面

もちろんこのポータブルテレビも一長一短が顕著に出ている製品なので開封して見ていきましょう。

付属品は下記の通り。小さいですがテレビに必要なモノは一通り揃っています
ご丁寧に充電用にACアダプタとカーアダプタ(アクセサリーソケット用)の2種も揃っています

リモコン(動作確認用電池 CR2025 含む)
ACアダプタ
カーアダプタ
ワンセグ用アンテナ
AV ケーブル
イヤホン
mini B-CAS カード
車載バッグ
取扱説明書(兼保証書)

サイズ

外形「幅32.3cm、高さ20.4cm、厚さ3.3cm」
本体質量(約) : 830g
液晶パネル サイズ / 13.3V型
画素数 / 1366×768

サイズ感的にはちょうど良いです。
重さも1キロにいかないので非常に軽量で持ち運びやすいですね。

本体に自立スタンドもついているので好きな場所に置くことができます

応用としてはスタンドを上に向けてフックに引っ掛けると吊り下げテレビにもできます。

映像・音声

PCとHDMIでサブディスプレイにして表示
PCとHDMIでサブディスプレイにして表示

「画素数 / 1366×768」とFull HD画質では無いので普段からFullHDに慣れている人から見るとちょっと粗くは見えますが、映画のようにキレイな映像を望まない限りはディスプレイ自体も大きくないのでそこまで問題はないかなと思います。
またテレビはワンセグ/フルセグ両方見れますが付属の簡易アンテナではフルセグ視聴は難しかったです。(地域差があるかもしれません。)
家のテレビ線で接続した場合はフルセグで視聴可能でした。
ちなみにフルセグ放送の連続視聴時間はおよそ2時間とのことです。(バッテリー容量は2500mAh)

ただ、音は結構こもっているので実際に展示品が見れる方は音も合わせて聞いた方が良いと思います。(もちろん聞きづらいというレベルでは無いのでこだわりが無ければ問題ないです)
気になる場合はイヤホンも使えるのでそちらで対応しましょう。

おすすめ1:入力端子は比較的充実

接続端子もポータブルテレビの割には充実です。特にHDMIが使えるので地上波のテレビが見れなくても、PCに繋げても良いし、Chromecastなどに繋げても楽しめますね。

入力端子一覧

USB Type-C 電源
アンテナ入力
イヤホン
miniB-CAS カードスロット
USB2.0×2(録画・メディア再生)
AV 入力
HDMI 入力

おすすめ2:充電がUSB-C

ACアダプタ、カーアダプタが付属していますが、本体に給電する際にはUSB-Cの給電口となっています。
もちろん付属のアダプタで本体充電をしても良いですが、モバイルバッテリーからの給電も可能です。
なのでスマホを充電するのと同じ感覚でテレビの充電ができるというお手軽さです。
(ただしPD3.0、QC3.0、9V/2A以上の出力が必要との事なので型が古かったり出力の弱いタイプでは充電できない可能性があるのでご注意ください)

おすすめ3:車載バッグが結構便利かも

車載バッグを利用することで後部座席の人も映像コンテンツが楽しめます
お子さんがいたりする場合は喜ばれるかもしれませんね。
ただ、簡易アンテナだと弱いのでそこは別途市販のアンテナを用意したり、HDMIでChromecastを接続して動画を見たほうが良いかもしれません。

ポータブルなのでデメリットがあります(買う前の認識しておきたいこと)

小型+ポータブルにしているので家庭用テレビとはやはり意識は変えておかないといけません。個人的には下記3点は抑えておいた方が良いと思います。

・地デジをワンセグで見るとやっぱり粗い。
・車載バッグでワンセグを見ると付属の簡易アンテナでは置き場所を工夫しないと安定しない
・映像・音質にあまりこだわりのない人にオススメ

ただ、ポータブルでなおかつ値段も約1万円という所を考えれば、利用シーンがマッチすればこれ以上ない楽しいテレビだと思います。

旅先でもキャンプ場でもテレビが見れるというのはやはり良いポイントだと思います。
最近だとキャンピングカーも流行ってきているのでそういったものの車載テレビとしても活躍しそうですね。

いかがだったでしょうか。
万人受けのテレビでは無いですが電波さえ届けばどこでも見れるテレビはやはりロマンがありますね。
もっと旅行が気軽にできる時期になったらぜひ持っていきたい1台だなと感じました。
ドンキでも店頭に並んでいたらぜひ一度手にとって確かめてみてください。

そして今回のテレビを動画にもしています。
音や映像の確認もできますのでお時間のある方は是非そちらも合わせてご覧ください。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。