タイトル画像

【名古屋市天白区】大根池を彩る緑地。都会のオアシス「天白公園」を散策

土庄雄平

愛知深掘りライター(名古屋市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

天白区のほぼ中央に位置する「天白公園」は、大根池(おおねいけ)を取り囲む3つの小山を含む総面積26.5ヘクタールの総合公園。猿投山から知多半島へと続く、名古屋・東部丘陵の豊かな自然を今に残している、貴重な場所です。

町中でありながら、色彩豊かで美しく、自然風景に癒される場所ですので、ちょっと紹介してみたいと思います。

まずアクセスについて、地下鉄鶴舞線・植田駅もしくは原駅から徒歩約20ほどで行けるほか、公園には北駐車場と東駐車場が設けられており、車でのアクセスも可能です。

駐車場では日中最大400円〜600円ほどかかります。

到着したら、早速スロープを上がってみましょう!緑鮮やかな森と青空の対比が、とても綺麗です。

天白公園は、中央の大根池を取り囲むようにして整備されています。一周ぐるりとウォーキングを楽しむことが可能。一周およそ15分から20分ほどとお手軽です。

そんな「天白公園」の大きな特徴は、東側と西側で趣が違うこと。

東側は手付かずの雑木林が残り、ありのままの自然を残しています。生命力溢れる緑が、目の癒しに。特に、木々の色が移り変わる初夏(5月前後)の美しさは格別です。

一方で西側(南西)には、綺麗な芝生広場が整備されています。町中にあって、これほどしっかりした芝生は貴重!この日も多くの家族づれで賑わっていました。

緑に包まれ、池の水面にも映り込む姿は、まるで都会のオアシスとでも呼びたい風情がありますね。

また「天白公園」には、大型の遊具のほかバーベキューが楽しめるデイキャンプ場が設置されています。散策だけでも十分に楽しいですが、子連れや家族だと、さらに楽しみ方も広がるのでは?

名古屋に住んでいると、自然との触れ合う機会を作るのは、なかなか難しいもの。だからこそ、こうした素朴な緑地公園というのは貴重です。

天気の良い日に、一人で癒しの散策を楽しむのもよし。一日自由に子供を遊ばせるのもよし。ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

天白公園

住所:〒468-0027 愛知県名古屋市天白区天白町大字島田黒石ほか

TEL:名古屋市天白土木事務所 052-803-6644

アクセス:地下鉄鶴舞線 植田駅・原駅からそれぞれ徒歩約20分

※デイキャンプについては、以下ご参照

https://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/15-12-16-11-0-0-0-0-0-0.html

シェア

いいね

コンテンツへの感想