タイトル画像

トレンド/カルチャー

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【名古屋市中区】飛騨高山の名店の2号店「豆天狗 名古屋金山店」で、あの高山つけ麺が食べられる!

土庄雄平

愛知深掘りライター(名古屋市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

麺屋しらかわとともに、高山ラーメンの双璧をなす「豆天狗」

とんこつや鶏ガラ、野菜や削り節・煮干しでとったスープに、まろやかながらキレのある醤油ダレを加えて生み出す実直な味わいは、一度食べたら忘れられない美味しさです。

そんな豆天狗の一杯ですが、実は名古屋でいただけるのはご存知でしょうか。

金山駅の北、徒歩約5分ほどの場所に「豆天狗 名古屋金山店」は位置しています。豆天狗の展開する2号店です。

お店は高山ラーメン推しかと思えば、なんとつけ麺推し。実は、豆天狗は「高山つけ麺」という新たなジャンルを確立したパイオニアとして知られているお店。2代目が作り上げた隠れ人気メニューを前面に出して営業されています。

筆者も昔、本店でつけ麺を食べたことがあったので、懐かしくなってオーダーしてみました。

麺は150gと200gは税込900円(同一料金)。300gになると+100円です。茹で上がり前の重量なので、頼んでみると150gでも中々ボリュームがあります

高山ラーメンは細麺を使った言わば、中華そば風なのに対して"高山つけ麺"はもっちもちの太麺を使用しています。麺に絡むようにスープも改良されていて、味もやや濃いめです。

一口いただいてみると、濃い醤油ダレをベースに、少しオイリーな鶏ガラとんこつ、煮干しをはじめとした魚介がアクセントになります。どちらかといえばあっさり目でサラサラのスープながら、太麺とよく絡んでくれ、食べ応え抜群です。

スープには甘・辛・酸の味変も仕掛けられており、その塩梅も絶妙。濃厚さを売りにする近年のトレンドとは異なる満足感を備えています。炭火で焼き上げられたコロチャーシューも、香ばしくてとても美味しいです。

ということで、急遽サイドメニューのチャーシュー丼(税込360円)も注文。甘いタレがかかったご飯だけでもいけるやつです!麺も中々量が多かったですが、ペロリと完食してしまいました。

実は5年ぶり、高山ぶりの豆天狗。名古屋でこの味をいただけることに感激でした。ちなみにお酒好きの方には、朗報的なセットメニューがあります!

なんとラーメン or つけ麺 + キリン生中を税込1,300円のセットでいただくことが可能です。これから夏の暑い季節、ビールと一緒に涼しい室内で麺を啜るのは最高なはず!

実はこの日、お店を訪れた時も30度超えの真夏日だったので、ちょっと早い夏の楽しみ方を先取りしてしまいました。ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

<豆天狗 名古屋金山店>
住所:愛知県名古屋市中区金山1丁目6-3 ニューシャポ金山1F
営業時間:11時00分〜14時00分、17時00分〜21時30分 ※スープがなくなり次第終了
定休日:火曜日・第1月曜・第2月曜
電話番号:052-331-6030
アクセス:金山駅から徒歩約5分

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。