タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

前傾キープが出来ないのは【お尻の力】を使えていないから

鳥居俊佑

ゴルフコーチ

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

お尻の力を使えるようにするにはボールから離れること

ダウンスイングでボール方向へ自分が近づいて行ってしまうとお尻がボール方向へ動いてしまい起き上がります。

ダウンスイングでは体がボールから離れる方向へ動いていきましょう。

これによって前傾姿勢を保ったままスイングをおこなうことが出来ます。

スイング中にはクラブの遠心力によってボール方向にかなり引っ張られます。

意識的にはかなり離れていくつもりでちょうど良いです。

スイングのチェックをする際にはアドレスをした際のお尻の位置に線を引いて、変わらずにスイングが出来ているかチェックをしてみてください。

関連動画はコチラ↓

【前傾キープ】ダウンスイングでの起き上がりを防ぐ修正ドリル

【鳥居俊佑】

愛知県在住。33歳。SNS総フォロワー9万人以上。

『ゴルフクラブのパフォーマンスを最大限引き出すスイング作り』を

テーマにオンライン・リアルにてゴルフレッスンを開催。

〇HP

https://shungolfacademy.com/

〇Instagram  

【毎日ワンポイントアドバイス配信中!】

https://www.instagram.com/shuuun_golf/?hl=ja

〇YouTube

【初心者ゴルファーからの卒業を応援】https://www.youtube.com/channel/UCxROlUMGUG32TqlMQpflaBw

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。