タイトル画像

【春日部市】11月14日は埼玉県民の日! イベント多数あり! 記念フリー乗車券も販売! 

とうとう

地域ニュースサイト号外NETライター(春日部市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

2021年は埼玉150周年!

埼玉県が誕生して150年になります。150年前の1871年(明治4年)に、明治天皇が廃藩置県の詔書を下し、3府302県が誕生しました。その頃は入間県があったそうですよ! 1873年(明治6年)には入間県と群馬県を廃し、熊谷県に。そして、1876年(明治9年)に熊谷県を廃し、旧入間県を埼玉県と合併して現在に近い埼玉県の県域が定まります。そんな歴史があったなんて知らなかったです。

>>>埼玉150周年公式サイト

埼玉150周年公式サイトでは、150年の歩みや偉人の紹介、ゆかりのある方のインタビュー、イベントや関連商品などなど盛りだくさん! 「知る」の項目は読み応えありますよ。

「150th anniversary Specialイベント」

2021年11月14日、県民の日の当日は各地でイベントが多数開催されます。

「150th anniversary Specialイベント」では、式典などがあります。会場に入ることができるイベントチケットは応募の締め切りが終了していますので直接見ることは出来ませんが、イベントの模様をYouTubeでのオンラインライブ配信をします。

>>>埼玉150周年公式サイト当日プログラム

当日プログラムによるとお笑いライブあり、ダンスステージあり、トークライブやクイズまで盛りだくさんですね! 

注目は「埼玉バーチャル観光大使」発表です。春日部が付く「春日部つくし」ちゃんは、藤色がイメージカラー! 春日部や埼玉県を盛り上げてくれています。経過発表ではかなり優勢でしたが結果はどうでしょうか? 

気になるイベントがある方は「埼玉150周年公式Twitterアカウント」などフォローしてイベントの詳細をチェックしてみてください♪

埼玉150周年をお祝いする商品が誕生

他にも2020年からイベントや記念商品などが発売されています。春日部市にもあるスーパー「ヤオコー」や「ベルク」では埼玉150 周年記念 地産地消弁当を発売。

「埼玉150周年記念 地産地消弁当」
「埼玉150周年記念 地産地消弁当」

「埼玉150周年記念 地産地消弁当」
「埼玉150周年記念 地産地消弁当」

現在は11月6日(土)~11月23日(火)で埼玉県産食材をふんだんに使用し、品数たっぷり食べ応え抜群のお弁当「埼玉150周年記念 地産地消弁当」がヤオコーで発売されています。気になる方はララガーデン春日部店、南桜井店を覗いてみてください!

百貨店でもお祝いのフェア開催中

そごう大宮店丸広百貨店では「埼玉県150周年フェア」を開催します。このフェアでしか手に入らない商品をゲットしちゃいましょう。埼玉銘菓「十万石まんじゅう」は埼玉県150周年パッケージ、「彩果の宝石」埼玉県150周年ボックスが登場するそうですよ♪

「彩果の宝石」埼玉県150周年ボックス
「彩果の宝石」埼玉県150周年ボックス

「彩果の宝石」埼玉県150周年ボックス
「彩果の宝石」埼玉県150周年ボックス

「県民の日」記念フリー乗車券が販売!

今年は日曜日なのでお出かけには最適♪ 県民の日に合わせて、県内鉄道がお得に利用できる「県民の日」記念フリー乗車券が販売されます。春日部市を通っている鉄道はお馴染みの東武伊勢崎線(スカイツリーライン)、東武野田線(アーバンパークライン)の「東武鉄道」ですね。

〇東武鉄道
販売日:2021年11月8日~14日
料金:大人480円/子供240円
11月14日に限り有効
>>>詳しくは東武鉄道公式サイト

東武鉄道以外にも、埼玉新都市交通(ニューシャトル)・秩父鉄道・西武鉄道・埼玉高速鉄道・首都圏新都市鉄道(つくばエクスプレス)も記念フリー乗車券を販売。埼玉県内の乗り降り自由なお得なきっぷで、埼玉を巡り、新たな歴史を彩っていくのも良いかもしれませんね!

埼玉県マスコット公式デザイン集より
埼玉県マスコット公式デザイン集より

シェア

いいね

コンテンツへの感想