タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【日本人には謎】韓国ドラマによく出てくる不思議な行動 Part4

トリリンガルのトミ

韓国語講師/YouTuber

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は、毎回ご好評いただいている「韓国ドラマによく出てくる不思議な行動」のシリーズ第四弾をお届けしたいと思います!

第一弾第二弾第三弾をまだご覧になっていない方は、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね♪

それでは、今回は韓国ドラマのなかでよく目にするけど日本人にはよくわからない不思議なシーンや行動、そして韓国ドラマに関する不思議を一緒に見ていきましょう~!

ひとつめはこちら!

「真冬でも薄着」

韓国ドラマを見ていると、外ではコートやダウンジャケットなどのアウター類を着こんでいるのに、なぜかアウターの下は半袖だったり、足元は素足にサンダル…なんだかチグハグな感じがすることありませんか?

外のシーンでは息が白くなるほどの寒空なのに、家の中のシーンでは半袖短パン姿というのも良く出てきます。

日本人からするとなんだか不思議な感じがしてしまいますが、これには「韓国ドラマによく出てくる不思議な行動」シリーズ第三弾の「布団がめちゃめちゃ薄い」のところでも紹介した韓国の暖房設備「オンドル」が関係しているようです。

韓国の冬はソウルでも平均最高気温が1度ほど。平均最低気温はマイナス7度と東京の冬の平均気温と比べるとかなり寒いです。そのうえ日本より湿度が低く、乾燥しているので体感温度はさらに低く感じます。

そんな厳しい寒さのなかでも、家の中はオンドルのおかげでポッカポカ!なので、真冬でも家の中では半袖短パンで過ごすという人も多いんですね。

家の中は半袖短パン、靴下なしで過ごせるほど暖かいので、コンビニや近くの屋台などちょっとそこまでの距離なら、そのまま半袖のうえにダウンジャケットやコートをサッと羽織って、サンダル履いて出掛けるというのもめずらしくないんだとか。

日本では冬になると吸湿発熱素材や裏起毛素材のインナーやモコモコの靴下が多く出回りますよね?寒い時期は手放せない!必須アイテム!という人も多いと思います。

しかし、韓国ではこういったインナーを着込む人はあまりいないそうです。最近はおしゃれな冬用インナーもたくさん出てきましたが、冬用の肌着は日本でいういわゆるババシャツ、年齢層が高い世代の人が着るものといったイメージがあるのか若年層はあまり着用しないそうです。

日本人より寒さに慣れているということもあるでしょうが、あれだけ冷え込むのによく薄着でいられるな~と思ってしまいます。

日本では寒くなると足の冷えで悩む人も少なくはないですが、オンドルのおかげで半袖短パンで靴下を履かなくても過ごせるほど家の中がポッカポカで暖かいというのは羨ましいですね~!

つづいて、これは行動ではありませんが、韓国ドラマに関するこちらの不思議です!

「話数が多いのはなぜ?!」

日本のドラマは週一回の放送で、1クールだいたい10話前後のものが多いですよね。

大河ドラマや朝ドラは別ですが、各局で放送されるドラマは毎週一話ずつ、一話の放送時間はコマーシャルを含めて約一時間、放送期間はだいたい3ヶ月ほどといったものが多いかと思います。

しかし、韓国ドラマは少なくても16話くらい、だいたい20~24話くらいのものが多いです。

韓国では「月・火ドラマ」、「水・木ドラマ」、「週末ドラマ」と一週間に2回放送される作品が多いんですね。

そのほかに月曜~金曜まで毎日放送のある「日々ドラマ」もあります。「日々ドラマ」は100話を超えるものがほとんどです。

また、日本のようにドラマのあいだに頻繁にコマーシャルが入ることもないので本編の放送時間が日本より長めになります。各話本編の時間がばらばらということもめずらしいことではなく、あとはドラマ前後のコマーシャルで時間を調節しているようです。

さらに視聴率が良ければ当初の予定より数話延ばされるということもあるようです。韓国のドラマは視聴者からの意見が取り入れられることも多く、それによって脚本が書き換えられることもあるんだそうですよ!

そのため、オンエア当日に台本が渡されて撮影、その後すぐに編集作業をして放送がはじまる直前に出来上がるということもあるんだそうです…

余談ですが、冬ソナで日本でも大人気の女優となったチェ・ジウもかつてテレビ番組のインタビューで、韓国のドラマは週2回放送があるため、毎回映画一本分並みの撮影をこなさなくてはならないうえに、台本がギリギリまで出来上がらなかったり、放送時間が迫る中で撮影しなくてはならず、期間中はとにかくハードスケジュールなんだと言っていたことがありました。

韓国ドラマを見ていると、ときどきちょっと辻褄があっていなかったり、「あれっ?!」と思うようなシーンがあったりしますが、もしかしたらそれは脚本が変わった影響なのかもしれませんね笑

色々アバウトなところもありますが、それもまた韓国ドラマの魅力のひとつだったりしますよね~!

それでは、また「韓国ドラマによく出てくる不思議な行動」シリーズをお楽しみに♪

ーーー

今回の記事で韓国・韓国語に関心を持たれた方がいましたら、YouTubeで私と一緒に韓国語を学んでみませんか?

全くのゼロからでも学べる、無料の韓国語講座を配信中です!

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想