タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

iPhone 13 Pro Maxをゲット! ディスプレイの進化がヤバすぎた:開封レビュー

塚本直樹

テクノロジー・宇宙ジャーナリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今年もやってまいりました、新型iPhoneの季節! 遅ればせながら大画面モデルとなる「iPhone 13 Pro Max」の限定色「シエラブルー」を入手したので、早速開封レビューをお届けしましょう。個人的には、そのディスプレイの進化に驚かされました!

充電器は同梱されず

Phone 13シリーズではiPhone 12と同じく、薄型の外箱が採用されています。シンプルながらiPhoneのイラスト部分が盛り上がった、高級感のあるパッケージです。

蓋を開けると…ドーン! 早速iPhone 13 Pro Maxのお出ましです。おお、美しい…指紋をつけるのがもったいないくらいの完成度です。

内容物はシンプルで、USB-C to Lightningケーブル、説明書、SIMピン、そして謎のアップルステッカー。充電器は同梱されていないので、持っていない場合は別途購入する必要があります。

美しすぎる、iPhone 13のシエラブルー

個人的にはじめて大画面なPro Maxモデルを購入したのですが、第一印象は「とにかく重い…」。寝転がって片手で持ち続けるのは難しく、両手操作が必須になります。

それにしても、iPhone 13 Proシリーズの「シエラブルー」は購入して大正解。淡いブルー系カラーの本体は、周囲の環境によって若干色味が異なって見えます。

光沢のあるステンレス製フレームも美しい。しかし、エッジのたった本体は若干手が痛く、持ちづらい印象も…。ケースに入れれば気にならないんですけどね。

背面カメラは明らかにデカくなっています。これも、全カメラのセンサーとレンズを刷新したおかげですね。

カメラの飛び出しも、従来モデルからさらに大きく。そのせいで、従来のケースは流用できないのでお気をつけを。

残念ながら、Lightningポートを継続採用。なぜ、USB-Cにならない…。

ディスプレイが大進化!

iPhone 13 Pro Maxでは、6.7インチの大きなディスプレイを搭載。実に美しいのですが、片手では全く画面端に親指が届きません。両手操作、必須です。

ノッチが小さくなった! アップルによれば20%小さくなったことで、画面の邪魔になりにくいデザインに。やっぱり、ノッチは小さい、あるいはないほうがいいに決まっています。

iPhone 13 Pro Maxを使って最初に気づくのが、「画面がやたらヌルヌル」していること。iPhone 13 Pro Maxシリーズでは最大120Hz駆動の「ProMotion」機能を搭載したSuper Retina XDRディスプレイを採用。画面のスクロール操作やゲームプレイでも、レスポンスが大幅に向上しています。

画面の最大輝度は1200ニトにパワーアップ。屋外で使う際にも、画面が見やすくなっているはずです。

まとめ:買うならiPhone 13 Pro Max!

個人的に今回はじめて大画面のiPhone 13 Pro Maxを選択したのですが、これが大正解。やっぱり大きなスクリーンはあらゆる作業が効率化しますし、動画視聴でも迫力満点。さらに、他人にも自慢できます。最近は廉価なAndroidスマートフォンも大画面を搭載しているので、それに見劣りしないという意味でも、iPhone 13 Pro Maxを選ぶ意義はあると思いますよ!

次回のレビューでは、iPhone 13の驚異の映画風動画撮影機能「シネマティックモード」をご紹介したいと思います。

Source: アップル

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

塚本直樹:テクノロジー・サイエンスジャーナリスト

YouTubeTikTokにて「サイテクニュース」配信中!

執筆情報はTwitterInstagramにて

お仕事はnaoki112104850184あっとgmail.comまで

シェア

いいね

コンテンツへの感想