タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

今夜のアップル発表会、MacBook Proファンは見ないと後悔するはず

塚本直樹

テクノロジー・宇宙ジャーナリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

米アップルは日本時間10月19日2時から、オンラインイベントを開催します。イベントでの目玉となるのは、中も外もまるっと刷新される「次期MacBook Pro」になるはず。そんな次期MacBook Proの正体について、わかっている情報をすべてお伝えしましょう!

最強な「M1X」がMacBook Proにやってくる?

アップルが独自に開発したプロセッサこと、「Appleシリコン」。その第1世代はすでに13インチ MacBook Proの一部に導入されています。しかし今回登場する次期MacBook Proでは、14インチ/16インチモデルのすべてに第2世代の「M1X」が搭載されるとの噂です。

M1XではCPUコアが10基(高性能コアは8基)へと増加するだけでなく、GPUコアが16基/32基に超増強されるとの情報も。M1のCPUが8基(高性能コアは4基)、GPUが7基/8基から比べると、グラフィックス性能がとんでもなく伸びるかもしれません。

さよなら、Touch Bar

MacBook Proのキーボード上部に居座っていた、タッチ式ディスプレイ「Touch Bar」。次期MacBook ProではこのTouch Barがなくなる公算が高いです。そもそも、皆さん使ってます? Touch Bar。 僕は全然使っていません。

おかえりMagSafe

電源ポートには、マグネットでくっつく懐かしの「MagSafe」が復活する可能性が高そうです。現行のUSB-Cも使い勝手は悪くないのですが、MacBook Proに多数のアクセサリを接続すると、電源供給が足りないシーンも。個人的には、そんな問題の解決にも期待しています。

SDカードスロットにHDMIまで!?

嬉しいことに、SDカードスロットやHDMIポートが復活するという報告もあります。これで余計なUSB-C接続のドングルを買わなくても、デジカメの写真を読み込んだり、テレビに接続できるようになるはず!

本体デザインはもっとフラットに

現行のMacBook Proは、上下に少し膨らんだ形状をしています。しかし次期モデルでは、端から端までスパッとフラットなデザインになるはず。「iPhone 13」や「iPad Pro」、「iPad Air」「iPad mini」などでもおなじみのデザインですね。

ディスプレイはミニLED?

ディスプレイには次世代の「ミニLED」方式が採用されるかもしれません。小さなLEDをたくさんバックライトに配置するこの方式は、コントラストや色の正確性の向上が期待できるんです。こちらも、すでにiPad Proに採用されていますね。

MacBook Proにノッチがやってくる!?

嘘か真か、次期MacBook Proではディスプレイにノッチが搭載されるという噂も。MacBook Proでも、「Face ID」による顔認証ができるようになるのでしょうか? こちらの情報の真偽は不明ですが、実に気になります。

MacBook Pro最大の刷新を目撃せよ

というわけで、プロセッサから本体デザイン、機能まで全面的に刷新されそうな、次期MacBook Pro。これまででも最大のモデルチェンジになるといっても、過言ではなさそうです。イベントの模様はYouTubeアップル公式サイトで配信されるので、ぜひ一緒に盛り上がっていきましょう!

Source: アップル

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

塚本直樹:テクノロジー・サイエンスジャーナリスト

YouTubeTikTokにて「サイテクニュース」配信中!

執筆情報はTwitterInstagramにて

お仕事はnaoki112104850184あっとgmail.comまで

シェア

いいね

コンテンツへの感想