タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

新型MacBook Pro発表! M1 Pro/Maxの性能が異次元。現行モデルを使うのが辛い…

塚本直樹

テクノロジー・宇宙ジャーナリスト

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

米アップルは日本時間10月19日2時から開催したオンラインイベントにて、次世代ラップトップ「新型MacBook Pro」を発表しました! 新型プロセッサ「M1 Pro」「M1 Max」を搭載した同製品は、従来モデルと比べて別次元の進化を遂げています。

M1 Pro/Maxの性能が途方もない

新型MacBook Proの進化の中核には、アップル独自開発の新型プロセッサことM1 ProとM1 Maxがあります。昨年登場した「M1」はCPUが8コア(高性能コアは4コア)、GPUは7コア/8コアだったのが、M1 ProとM1 MaxではCPUが10コア(高性能コアは8コア)へと増強。さらにGPUはM1 Proが16コア、M1 Maxは32コアと超強化されているんです。

その効果は、グラフを見れば明らか。クアッドコアのIntel Core i7を搭載した13インチMacBook Proと比較し、14インチモデルは3.7倍のパフォーマンスを記録。8コアのIntel Core i9を搭載した16インチMacBook Proと比較しても、2.1倍の性能を達成しているんです。また、M1と比較しても最大70%高速なCPUパフォーマンスとなっています。

GPU性能に至っては、過去モデルから最大で13.4倍もの処理性能を達成しているんです。これはM1と比較しても、M1 Proで最大2倍、M1 Maxで最大4倍の速さとなっています。作業時間の短縮が大切なプロの現場では、まさに乗り換え必須な性能向上となっています。

さらにM1 ProとM1 Maxは、省電力性能もスゴイ。14インチモデルは従来より7時間も長い、最大17時間のビデオ再生が可能。16インチモデルだと、なんと10時間も長い最大21時間のビデオ再生ができるんです。

さらに、M1 Proでは最大32GB、M1 Maxでは最大64GBのメモリに対応しているのもポイント。それだけでなく、ビデオ処理を高速化するメディアエンジン、ML(機械学習)を支援する16コアのNeural Engineなど、先進の機能がいくつも搭載されています。

インテルプロセッサを搭載した我が家のMacBook Proが、時代遅れで性能の低いマシンになる…購入時には、夢にも考えませんでした。

MagSafeもSDカードもHDMIもファンクションキーもある!

MacBook Proユーザーにとって一番嬉しいのは、この変更かもしれません。新型MacBook Proはマグネットによる充電ポート「MagSafe 3」、SDXCカードスロット、HDMIポート、3つのThunderbolt 4ポート、そして物理ファンクションキーが搭載されているんです! この点は、プロからも不評だった現行モデルの弱点を一気に潰してきた感じですね。

このMagSafe 3、ただの過去規格のリバイバルではありません。なんと今どきのスマートフォンのように、30分で最大50%までの高速充電が可能になんです。

一方こちらは、タッチ式ディスプレイこと「Touch Bar」を搭載した旧モデルのMacBook Pro。さまざまなファンクションキーをディスプレイに表示するアイディアは画期的でしたが、使いにくかったのも事実。さよなら、Touch Bar。

地味な変更点ですが、新型MacBook Proでは本体の上下が完全なフラット形状へと変更されています。iPhoneもiPadもフラットモデルが登場していますし、それにMacBook Proも習った形です。

iPhone 13と同等! 120Hz駆動可能なディスプレイ

画面にはMacBook Proシリーズで初めて、「ミニLED」方式を採用した「Liquid Retina XDRディスプレイ」を搭載。最大1000ニトのフルスクリーンの持続輝度、1600ニトのピーク輝度、100万対1のコントラスト比を実現しています。さらに「ProMotionテクノロジー」により、リフレッシュレートが表示されるコンテンツに応じて最大120Hzまで自動調整されるんです。ゲームや画面スクロール操作では高速駆動、写真表示では低速駆動…といった感じで、レスポンスの良さとバッテリー駆動時間を両立させています。

ディスプレイ上部になんと「ノッチ」が存在している点も注目です。アップルいわく、ディスプレイの外枠をできるだけ細くした結果、フロントカメラをノッチとして配置することになったんだとか。MacBook Proにノッチ…毎日使っていれば、違和感はなくなるのでしょうか。

うちのMacBook Proちゃんの液晶ディスプレイも、十分綺麗なんですけどね…。

ビデオ通話にも大活躍

リモートワークやリモート学習により、すっかり一般的になったビデオ通話。そんなビデオ通話をさらに快適にすべく、新型MacBook Proには1080p FaceTime HDカメラが搭載されています。さらにスタジオ品質のマイクや、2つのツイーターと4つのフォースキャンセリングウーファーによる6スピーカーサウンドシステムにより、MacBook Proだけで高音質なビデオ会議が楽しめるんです。そうそう、こちらApple Musicなどでおなじみのサラウンド再生技術「空間オーディオ」にも対応していますよ。

金があれば買ってしまえ!

新型MacBook Proは本日より予約を開始し、10月26日より販売を開始。価格は14インチモデルが23万9800円から、16インチモデルが29万9800円からです。とにかく過去モデルから圧倒的な進化を遂げた新型MacBook Pro、お財布の中身に余裕があれば、迷わずポチりたい名機であることは間違いないでしょう!

Source: アップル

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

塚本直樹:テクノロジー・サイエンスジャーナリスト

YouTubeTikTokにて「サイテクニュース」配信中!

執筆情報はTwitterInstagramにて

お仕事はnaoki112104850184あっとgmail.comまで

シェア

いいね

コンテンツへの感想