タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

腹筋は手の位置変えるだけで何倍も効いてお腹が凹む!

タートルフィットネス

エクササイズ考案家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

体型が気になる人の多くは気になる部分のエクササイズをすると思います。

太っていてもまんべんなく太っている人っていますよね?

そういった方は実は、 筋肉のバランスがいい人なんです。

下半身だけ気になる、お腹だけ気になる、二の腕が気になる、背中が気になる、そういった感じで気になる部位が体重を減らしたいということではなく、脂肪がたくさんついている部位を変えたいっていう人がやはり多いです。

その場合は、姿勢の崩れや筋肉のバランスによって脂肪がつきやすい部位とあまりつかない部位が別れてしまいます。

まんべんなく脂肪がついて太っている人は体重が減ると実は綺麗に痩せることが可能です。

ですが下半身だけ気になる人やお腹だけ気になる人は、実は体重が減ってダイエット成功してもスタイルが良くならないんです。

そういったほうがまず行うことは、 腹筋運動です。

人は生まれてすぐ泣き始めます。

一番に腹横筋という筋肉を鍛え始めます。

この筋肉が鍛えられてくると次に腹斜筋を使って寝返りをします。

さらに筋肉が鍛えられてくると脊柱起立筋などを使ってハイハイや匍匐前進を行っていきます。

はいはいや匍匐全身で上半身や下半身を鍛えて、 つかまり立ちを行っていきます。

立ち上がってすぐは幼児体型 ですよね。

実は大人になってお腹が出てしまっている人は幼児体型に近いんです。

まだ腹部の筋肉が完全に鍛えられていない状態です。

ここから子供になると、かけっこやドッジボール、体操、体育の授業で体を動かす。

様々な筋肉の使い方で体を動かすことで体幹が鍛えられてきます。

その結果幼児体型から変わり普通の子供の正しい姿勢の体のラインが作られます。

要するに大人になって体型が崩れている人は体のラインが崩れているということです。

もう一度初心に帰ってみると。腹横筋を鍛えること。 腹斜筋を鍛えること、体幹部を鍛えることこの三つが重要になってきます。

この三つの筋肉が鍛えられた上でダイエットを行わなければ綺麗に痩せることもできなければスタイルが良くなることもできません。

この三つを簡単に鍛える方法を今から紹介します。

息を長く吐きながら腹筋運動を行うことです。

できればあまり起き上がったり戻ったりせず、起き上がったままで止まることの腹筋メニューが大切です。

なぜかと言うと、動く事によって瞬発的に力が入ってしまいます。

瞬発的に力が入るということは力んでしまうということです。

力んでしまうと必ず息を吐くことを忘れてしまって息が止まって腹筋運動を行ってしまいます。

ですので、上体を起こしたまま息を吐くことが三つを鍛える上で簡単な方法です。

長い時間止まっておくのはきついですよね?

自分とってきつい運動は力んでしまいます。

まずは7秒から10秒息を吐き続けることを身につけてから、

膝を曲げて寝た状態で上体を起こす

その状態で7秒から10秒息を吐き続けながらお腹をどんどん引っ込めます。

この運動を一日2回から3回行ってみてください。

これは1日にたくさんやることによって効果が得られるわけではありません。

毎日一回行うことで衰えを止めることはできます。

そこに加えて適当なエクササイズを行っていくことで正しい姿勢が作れてきます。

そうなると気になる部位は自然と減ってきて、スタイルが良くなってきます。

その状態で食事の管理をしてみてください。

体重が減ればスタイルが良くなるということではありません。

スタイルが良くなる状態を作ってから体重を自分のちょうどいい数字に目指して健康管理をしてみてください。

毎日有益な情報を配信していきますのでよかったらフォローをしておいてください。各種 SNS をやってる方はハートや LINE、 Facebook、 Twitter などでシェアしてもらえると嬉しく思います。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。