タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

【肋骨締め】座ったまま1回でウエスト-5cm痩せ!お腹寸胴でもくびれ出来る!

タートルフィットネス

エクササイズ考案家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

お腹を引っ込めたい人の多くは腹筋運動をすると思います。

腹筋をどんなに頑張っても運動のまんまな人いますよね?

太っていてもウエストにくびれがある人もいますよね?

その違いが気になりませんか?

実は肋骨なんです。

肋骨締めという言葉を聞いたことありませんか。

肋骨がしまっている人はウエストがくびれていてお腹周りがすっきりしてるんです。

逆に体が細くても寸胴の人は肋骨が開いてしまってくびれがない状態ができてます。

今回はこの原因と解決について解説していきます。

結論から言いますと、 肋骨が開く原因は猫背にあります。

猫背になってしまうと肋骨が本来入る場所がなくなってしまうため横に広がってしまいます。

その結果ウエストにくびれができないことになります。

どんなに腹筋をしたり腹斜筋を鍛えても猫背が治らない限りはウエストにくびれはできません。

まずは猫背を改善するための運動をやることが大切です。

その運動というのは、背筋を鍛えることです。

背筋を鍛えることで猫背が解消されていきます。

簡単な方法としてはうつ伏せから上体起こしです。

寝た状態から上半身をそらすだけです。

1日5回でもいいのでやってみてください。

そこに加えて座った状態で上を向いて首の筋肉を伸ばしましょう。

上を向いたまま5秒キープでいいです。

よく割れるスマホ首が治らないとどうしてもまた猫背になってしまいます。

まずはストレートネックを治す上を向く首の横の筋肉を伸ばすストレッチをしましょう。

猫背が解消されてくると次は腹斜筋を鍛える運動です。

腹斜筋が鍛えられてくると肋骨が締まっていきます。

猫背が治らない状態で腹斜筋を鍛えても肋骨がしまう状態ができません。

猫背を治す運動と併用して外腹斜筋を鍛えていきましょう。

外腹斜筋を鍛える簡単な方法としては、座った状態で手足を左右対称にして体を横に捻りましょう。

ひねった状態で左右5秒キープで。

上記で説明した三つ多くあっても1日20秒で終わります。

姿勢はどうしても悪くなるほうが早いです。

悪くならないように毎日数十秒1分でもいいのでやってください。

これからも毎日有益な情報を配信していきますのでよかったらフォローしてください。

SNS をやってる方は記事の上部にある SNS のマークからシェアをしてください。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想