タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

20秒でお腹痩せ!デッドバグはカエル足ですると腹筋100分効く!

タートルフィットネス

エクササイズ考案家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

腹筋運動はたくさんあればお腹を引っ込めるために効果的なわけではありません。

フォームが崩れないように自分のレベルに合った時間や回数を行う。

息が止まらないように行えるレベルの腹筋運動を選ぶ。

腹筋運動の前にちゃんとウォーミングアップを行う。

そうすることでお腹を引っ込める効果は何倍にも上がります。

今回は効果的なお腹を引っ込めるための運動を紹介します。

効果的な運動はデッドバグと言います。

手も足も万歳した状態で体を持ち上げます。

その状態で息をできるだけ長く吐きます。

目安としては7秒間息を吐きます。

それを2回要するに14秒ぐらい手足を万歳した状態でキープする感じです。

これを毎日一回行うだけで、お腹が効果的に引っ込んできます。

なぜかというとお腹を引っ込めるために大切な腹横筋が鍛えられる。

足を伸ばして広げているため外腹斜筋が鍛えられる。

体幹部が鍛えられる。

その結果お腹を引っ込める力が身につき、 猫背といった姿勢が治り、反り腰が解消されるため、体のラインが引き伸ばされた状態が作れます、

そうすると姿勢が正しくなるためにお腹がシュッとして見えます。

そこに加えて腹斜筋が鍛えられるていくと、肋骨が閉まった状態が作れます。

肋骨が閉まるとくびれが美しく見えてきます。

体が細い人でも寸胴の人っていますよね?

寸胴の人は肋骨が開いている証拠なんです。

先ほどお伝えしたデッドバグを毎日14秒でもいいのでやってみてください。

そうするとお腹を引っ込める根本から改善できてきます。

肋骨が閉まって体幹部が安定してくると使われる筋肉も増えてくるため痩せる体が作れます。

毎日少しでもいいのでやってみてください。

頑張って何回もやってしまうと次の日にやらなくなってしまうので、 1日14秒でいいですやってみてください。

記事の上部に SNS のアイコンがついています。 SNS をされてる方はよかったらシェアをしてください。

フォローの方もよろしくお願いします。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。