おもしろ/ネタ

  • いいね

10本の鉛筆を同じ様に安定して削れるのかやってみた!

内山ミエ

プロスノーボーダー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は10本の鉛筆を同じように安定して削れるのかやってみました!

手動でえんぴつを削ると、力を入れすぎて芯を折ってしまったり、いつまでも削りすぎて無駄にしてしまったり。

そこで今回は、安定して削るために全て自動で引き込みから削り、そして戻しまでやってくれる全自動えんぴつけずりを使って、
同じように鉛筆を10本削る事ができるのかやってみました!

縦型で差し込むタイプで、あっという間に出来上がりです。
どんどん作業がはかどり、削れていくのが気持ち良くて、何回でもやりたくなってしまいました!

結果、ハンズフリーの全自動えんぴつ削り ケズリ君を使用したら、10本とも同じように安定して削る事ができました!

また、
万が一短い鉛筆(長さ35mm未満)を入れてしまっても本体が検出し、自動的に停止するそうなので安心ですね。
なにより削る手間が省けるのはありがたいです。色鉛筆など色の種類が多いと手間で、先がとがっている状態にするのが億劫だったので大変助かります。削り角度は約18度。キリッとした鋭さのある仕上がりです。

連続使用時間は5分で10分の休憩が必要です。
ACアダプターもしくは単三アルカリ電池4本(別売)で動きます。

対応鉛筆サイズ6〜8mm
対応している鉛筆色鉛筆、鉛筆(柔らかい鉛筆、クレヨンは使用しないでください。)
商品の重さ228g

自動で楽々削ってくれるので、見ていてとても楽しかったです!

いかがでしたでしょうか?良かったらフォローよろしくお願いします
最後までご視聴ありがとうございました!
それではまた次の動画でお会いしましょう。

シェア

いいね

コンテンツへの感想