タイトル画像

専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

工事・穴あけ不要!山崎実業の「室内干しハンガー」が便利すぎた!

うま|山崎実業“tower”マニア

tower専門インスタグラマー

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

花粉やホコリ、急な雨や強風の影響を恐れて室内干しをする人が多いのでは、ないでしょうか?

でも、アパートやマンションには室内干しのスペースがない事がありますよね。
安心してください。山崎実業さんのアイテムなら「工事不要」「穴あけ不要」で、快適な室内干しスペースを作り出すことが可能です!

この記事では、山崎実業"tower"マニアの「うま」が、towerの「室内干しハンガー」の紹介から設置方法まで紹介していきます。

この記事を書いた人

うま | 山崎実業“tower”マニア
Instagram:@uma_kurashi
◇Instagramフォロワー:1万人
◇山崎実業“tower”マニア
◇収納アドバイザー2級 取得

カーテンレールに干すのはMG
カーテンレールに干すのはMG

室内干しは、カーテンレールに干してはいけない!?

先程も、お話しましたが、室内干しスペースがない「アパート」や「賃貸」も多くありますよね。我が家のアパートも室内干しスペースがなかったので、以前まではカーテンレールにハンガーを吊るして干していました。
実はこの室内干し、やってはいけない干し方なのです。

01:カーテンとの接触で菌が繁殖してしまう

カーテンレールに干すことで、カーテンと洗濯物が接触してしまい、均等に乾かす事ができなくなってしまいます。乾くのも遅くなり、生乾きのいやな匂いも残ってしまいます。

02:カーテンレールが壊れてしまう

洗濯物の重みでカーテンレールが外れてしまう事があります。我が家でも実際に、カーテンレールが、洗濯物の重みで外れてしまった経験があります。

室内干しを増やすには

室内干しを正しく行うには「室内干しスペース」を作り出さなくてはいけません。
ただ、室内干しを作り出すアイテムでは穴あけを伴う工事が必要な事がほとんどです。

工事不要で取り付けられるアイテム

工事や穴あけが不要で「室内干しスペース」を作り出せるアイテムが、山崎実業“tower”の「ランドリー室内干しハンガー」

取り付け方はとっても簡単です。「かもい」などに引っ掛けて調節ネジを締めるだけ!

2つのハンガーを引っ掛けて、物干し竿を乗せることで「ハンガー」「洗濯物ピンチ」なども干すことができます。

対応サイズ

・枠/かもいの引っ掛けサイズ:8mm以上
・かもいの厚み:15〜30mm

カラー展開

この記事ではホワイトを紹介していますが、ブラックも展開されています!
ブラックはこちら

室内干しスペースはこのアイテムで決まり

室内干しは、工事や穴あけがいらない「ランドリー室内干しハンガー」がおすすめ。
これからの時期、「花粉」や「梅雨」など外干しができない季節になるので、はやめに対策していきましょう!

ランドリー室内干しハンガーの購入はこちら

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。