タイトル画像

浦和が横浜FMに勝利もリカルド・ロドリゲス監督が笑顔を見せなかった理由

浦議

浦和レッズサポーター(さいたま市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

序盤、なぜ浦和のプレスははまらなかったのか

J1第36節で浦和レッズは、2位の横浜F・マリノスを2-1で下した。浦和にとっては直近5試合の対戦成績で1分け4敗と、大きく負け越してきた難敵だけに、ここで勝ち点3をもぎ取ったことの価値は大きい。

もっとも、試合内容はポゼッション率32%と、相手に一方的にボールを支配される苦しい展開だった。苦戦を示すのは、ポゼッション率だけではない。プレーエリアのスタッツでも、浦和のディフェンディングサード(自陣深いエリア)でプレーが行われた割合が43%、ミドルサードが38%、アタッキングサード(敵陣深いエリア)が19%だった。ポゼッション率と合わせて考えれば、浦和は自陣で守る時間が圧倒的に長く、防戦一方の試合だったことがうかがえる。

そうした試合になった要因は、主に二つある。

一つは浦和のプレッシングがはまらなかったことだ。この試合、浦和は最初から自陣にバスを置くつもりはなく、むしろ序盤はミドルプレスから前へ出て、敵陣でボールを狩ろうとした。そのねらいが成功する場面もあったが、それ以上に、横浜FMのビルドアップにかわされるケースが目立ち、押し込まれる展開が続いた。

なぜ、浦和のプレッシングがはまらなかったのか。

この試合、浦和は4-4-2ではなく、4-1-4-1の守備型を採用した。ユンカーや小泉佳穂がベンチ外となった影響もあるが、ボランチやサイドバックが5レーンを絶え間なく入れ替わる横浜FMのビルドアップに対し、4-1-4-1で5レーンを抑えて相手を捕まえやすくしたり、中盤の幅に人数をかけて縦パスを引っかけたりと、中盤を厚くできる守備システムを敷いた。これは良い対策だった。

浦和は1トップの江坂任と、その後ろに並んだ大久保智明、伊藤敦樹、関根貴大、田中達也の計5人がプレッシングを担う。対する横浜FMは、4バック+ダブルボランチの6人がボールを動かした。1人分の数的不利は、いつも通り、江坂が背中でパスコースを切りながら寄せて行き、瞬間的に1人で2人分を消す守備のスイッチにより、プレスをかみ合わせて行く。

ところが、そうやって相手陣内のペナルティーアークの先辺りまで追いかけると、横浜FMは伏兵が姿を現した。GKの高丘陽平だ。浦和が5対6でかみ合わせようとしたプレッシングに7人目が現れ、5対7にされると、GK高丘へのプレー制限はほとんど利かず、高丘を起点に1トップの江坂の裏、あるいはアンカーの平野佑一の両脇など、4-1-4-1の急所となるスペースを突かれる場面が目立った。

また、数的なかみ合わせだけでなく、横浜FMはエリアもコントロールした。左サイドバックのティーラトンが中へ入り、3ボランチのようになり、中へ集結する。その密集でも横浜FMはボールを失わずに保持することができ、浦和のプレスは徐々に中へ引き寄せられて行く。

すると、中へ寄せた後、再び空いた外へ。横浜FMが中でボールを回すうちに、浦和の田中や大久保らがサイドを離れると、横浜FMは中へ入っていたティーラトンが再び左サイドへ開いたり、喜田拓也が右サイドへ開いたりするなどして、空けたサイドのスペースを使い、ビルドアップという脱出ゲームに正解を見出していた。

さすがに、このスタイルで3年戦っているチームだ。今の浦和とは技術も戦術もレベルが違う。そこは認めざるを得ない。

ただし、そうやって第一ラインを突破されても、浦和はすぐにプレスバックして自陣でブロックを回復し、横浜FMが誇るアグレッシブなスピードを受け止めた。クロスを入れられる場面でも、岩波拓也やショルツはゴール前に下がって対応し、相手FW前田大然が得意とするDFとGK間のスペースを、徹底的に消した。

何度か岩波やショルツの前で、前田にヘディングを許す場面はあったが、それは損切りのようなもの。浦和は絶対に防がなければならないプレーと、やらせても構わないプレーを明確に切り分け、賢く対応したと思う。

プレッシングがはまらなくても、無茶な深追いをせず、下がって守備機会を増やす。この段階的な浦和の守備が利いたため、ポゼッションとプレーエリアの圧倒的な数字差の割には、横浜FMの決定機は多くならなかった。

リカルド・ロドリゲス監督の視線はその先へ

もちろん、それでも横浜FM優位の試合だったことには変わりがない。『FootballLAB』が公開したゴール期待値によれば、浦和は0.632点、横浜FMは1.7点だった。この期待値をはねのけ、浦和が2-1で勝利したのは、運や決定力、セーブ力に助けられた面も大きい。

また、守る浦和と攻める横浜FMの試合構図が決定的になったのは、浦和のプレッシングがはまらなかったことに加え、早い時間帯にスコアが動いたことも大きかった。

浦和は前半18分、左サイドのペナルティーエリア脇で得たフリーキックを、江坂がグラウンダーで蹴り込み、横浜FMのゾーン手前で西大伍がフリック。ボールの軌道を変えると、さらにショルツも触り、2段の跳弾となったボールはファーサイドまで流れ、待ち構えていた伊藤敦樹が落ち着いて流し込んだ。

攻撃機会が少ない中で、浦和はセットプレーの決定機を見事に決めて1-0へ。劣勢だったチームが先にリードを奪ったことで、守る浦和、攻める横浜FMと、この試合の構図が決まった。仮に0-0のままか、あるいは先制したのが横浜FMであれば、この試合はもっとオープンになったはず。

実は少しだけ、その行き着かなかった未来をのぞいてみたい気持ちはある。

なぜなら先制した前半18分、浦和がフリーキックを得たのは、江坂のボール奪取がきっかけだったからだ。斜め後ろから喜田の選択肢を消しながら寄せて行き、喜田が一瞬、タイミングを逃した隙に、江坂は足をねじこんでボールを奪った。その流れから大久保智明がサイドから仕掛け、倒されてファウルとなっている。

また、序盤は横浜FMの縦パスの速さについて行けず、間を通されていた伊藤も、少しずつ縦パスを引っ掛ける場面が増え、横浜FMのリズムに慣れ始めていた。その後も伊藤は良いインターセプトが何度もあった。もし、0-0のまま、もう少し時計の針が進んでも、面白い展開になっていたかもしれない。

ただ、そうなる前に先制ゴールは決まった。

1-0となったことで、浦和のプレスは前へ出る勢いが弱まり、また、奪ったボールも素早くつなごうとせず、サポートに切り替える動きが遅くなった。全体的にバランスを保ってシンプルにプレーする意識が強まり、マインドは一気に1-0維持へ傾いて行った。

こうした流れも、勝負の綾と言うべきか。もちろん、現状の両チームの完成度を比較すれば、浦和が0-0でオープンに戦い続けるリスクはかなり大きかったと思う。この試合だけの勝ち点3を考えれば、浦和にとってはかなり理想的な試合展開だった。

その一方、やはりというか、リカルド・ロドリゲス監督に、この勝ち点3を手放しで喜ぶ様子はなく、試合後も厳しい顔を崩さなかった。現実的な駆け引きも厭わず受け入れる監督ではあるが、彼の理想から程遠い試合になってしまったのも確かだ。

ただ、たとえ現場の監督にとって苦々しい試合内容だったとしても、ファンやサポーターにとっては痛快そのものだったはず。耐えた。耐え切った。最後まで。苦労して勝ち取った勝ち点3だけに、喜びもひとしおだ。何でもそうだろう。危なげなく当然のように手に入るものより、苦労して苦労して、ドキドキしながらどうにか勝ち取った賞のほうが感動は大きい。高ければ高い山のほうが、登ったとき気持ちいいものだ。

それに今回は、阿部勇樹、槙野智章、宇賀神友弥と、大・功労者3人の引退と退団が発表された直後の試合だった。この日に勝ち点3を飾り、歓喜できた意味は大きい。その勝ち点3を苦労して、団結して勝ち取ったとなれば、そりゃあ嬉しいに決まっている。

しかしながら、浦和は今後も続いて行くわけで。せっかく高い山を登って勝ち点3を獲ったのに、すぐに転げ落ちてしまったら悲しい。現実的な戦い方とか、柔軟な戦術はとかくサッカーでは称賛されることが多いが、やはり明日を描くために、理想は大事だと思う。

勝ち点3を得ても、厳しい表情を崩さなかった。リカルド・ロドリゲスの理想と共に、浦和は残るリーグ戦2試合と天皇杯で、どんな試合を見せられるのか。

清水 英斗(しみず・ひでと)

サッカーライター。1979年生まれ、岐阜県下呂市出身。プレイヤー目線でサッカーを分析する独自の観点が魅力。著書に『日本サッカーを強くする観戦力』、『サッカーは監督で決まる リーダーたちの統率術』、『サッカー守備DF&GK練習メニュー 100』など

シェア

いいね

コンテンツへの感想