タイトル画像

コスパ最強のミュシャ展!うらわ美術館にて6/20まで開催

浦和たまこ

さいたま市の地域ブログ「浦和裏日記」管理人(さいたま市)

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

うらわ美術館にて「ミュシャ展」が2021年6月20日まで開催。

大人620円でミュシャの絵を見られるチャンスです!

アルフォンス・ミュシャは、ヨーロッパを中心に起こった「アール・ヌーヴォー」を代表する画家。

日本の浮世絵に影響を受け、写実的でありながらどこかアニメっぽい絵柄が特徴です。

現代でもミュシャの影響を受けているアーティストは数多くおり、日本の漫画界でもミュシャっぽい絵をよく見かけます。

今回の展覧会では、ミュシャの代表的な作品はもちろん、装飾の教科書ともいわれる『装飾資料集』全ページの公開を含む約550点の作品が展示されています。

気に入った作品1点を撮影可能!

浦和のミュシャ展では気に入った作品1点を写真撮影することができます。

これは面白い取り組みですよね。

ミュシャの絵はどれも好きですが、ザ・ベストを1点!というと悩んでしまいました。

以前都内の展覧会に行ったときは、絵画の前には立入禁止区域があって、0距離まで近づかなかったのですが、

今回の展覧会では、ほとんどの作品を間近で見ることができます。

このあたりも鑑賞側としては非常に嬉しいポイントでした。

入場料に割安感!お得感ある展覧会

驚くべきは入場料で、大人で620円しかしません。

メルカリでチケットを探してみると500円台でもゲットできます。

都内であれば普通に1000円は超えてきてしまうであろう展示量なのですが、なぜかとっても安いのです。

大高生に至っては410円です。

ぜひ多くの人に訪れてほしいレベルのコスパのいい展覧会でした!

コロナのためか、そこまで混雑しておらず1作品1作品じっくりとみれるのも良かったです。

グッズもいっぱい

ミュシャグッズもたくさん売っていました。

ポストカードやクリアファイル、タペストリー、トートバッグなどなど。

美麗な作品をぜひ日常にも取り入れてみてください。

見ているだけでも楽しかったです!

今回会場となったうらわ美術館は、浦和駅西口のロイヤルパインズホテル浦和の3階となります。

ロイヤルパインズホテル浦和の各レストランでは、今回のミュシャ展とのコラボメニューもありますよ。

この機会にぜひ!

【MUCHA(ミュシャ)グラフィック・バラエティ】

公式サイト

会期2021年4月17日(土)〜2021年6月20日(日)

会場うらわ美術館

住所埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ 3階

時間10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)

※金曜日・土曜日は20:00まで(ギャラリーへの入場は19:30まで)

休館日月曜日 

5月6日(木)

※ただし5月3日は開館

観覧料一般 620円 (490円)

大高生 410円 (320円)

中小生 200円 (160円)

※( )内は20名以上の団体料金

※障害者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名は半額

※リピーター割引:観覧済の有料観覧券の提示により、団体料金(観覧日から1年、1名、1回限り有効)

シェア

いいね

コンテンツへの感想