タイトル画像

How to

  • いいね

布に模様を入れるとき下書きはどうすればいいの?

うさこの洋裁工房

洋裁の先生

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

1 フリーハンド

フリーハンドで消せるペンで直接布に模様を入れたい位置に線を書く。

2 模様の型紙を作る

型紙の模様を別の紙に写して切りだし、布に重ねて周りをなぞって写す。
表からかくと目立ちそうな場合は裏側から写します。

3 型紙の上からインクを下まで浸透させて点で写す。

図案写しペンやインクのチャコペンで型の上から押さえてインクを浸透させて下に形を写す。

写った点をなぞる。

4 熱転写ペンを使ってアイロンで写す。

図左右対称に作り熱転写ペンでなぞる。
転写した面を下にして上から中温のアイロンをかけて生地へ写す。
※転写した線は消えないので注意。

5 不織布と消えるペンで写す。

図案の上に不織布を重ね、消えるインクタイプのペンで写す。
水や自然に消えるチャコペンは、絵具とか水分のあるもの、模様を入れるのに時間がかかる場合、梅雨時期などは模様を入れ終わる前に、消えてしまう場合があります。
そんな時はフリクションペンを使います。
ただしフリクションペンは消えるのではなく透明になるだけなので、寒い場所で使う、生地によっては透明なインク部分が反射する場合があるので、気にならないかはぎれでテストしてから使うと良いです。

シェア

いいね

コンテンツへの感想