How to

学校の机のフックにかけても斜めにならない、1年生も使いやすいシューズ入れの作り方

うさこの洋裁工房

洋裁の先生

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

入園入学準備にバッグとセットになっていることが多いシューズ入れの作り方。
キルティングは厚いからパワーの弱いミシンだと縫えなかったという経験をされた方結構いらっしゃると思います。
実はちょっとしたコツで厚みを減らせるんですよ。

・持ち手が太いとフックにひっかけにくいしねじれて邪魔になる。
・カラビナをつけるとかけやすいしねじれない

と小学生の保護者の方の方からアドバイスを頂きました。
わざわざカラビナを買いに行かなくてもDカンのつける場所を変えるだけで
いいんじゃないかな?と気が付いて工夫してみました。
 カラビナ:開閉できる部品のついた金属フック

洋裁の先生からのアドバイス
初心者の方は柄を入れたかったら、柄の入った生地か、
アイロンプリントを使うと早くてキレイですよ~。

市販のものや作家さんの入園グッズはプロが作っているから綺麗なんです。
慣れていない人は切り替えのないものから始めるのがおすすめです。
忙しい中作っているのにいきなり難易度の高いものから作ると苦痛になりますからね。
なんでこんな凝ったの作ろうと思ったんだろうと後悔しながら作るより
簡単に楽しく作って、家族でできた~やったね~というほうが絶対作る人にとっても、お子さんにとってもいいことだと思います。
早くて簡単は手抜きじゃなくて、効率がいいってことですからね!

・サイズ例
A:23cm B:8cm C:30cmの場合 D:33cm E:37cm 底の四角5cm
A:20cm B:7cm C:25cmの場合 D:29cm E:31.5cm 底の厚み4.5cm

計算方法 D=A+B+2cm E=B÷2+C 底の厚みB÷2+1cm

市販の本の作り方や、作家さんの作り方は、縫える人がおしゃれに作る方法だったりします。
なのでミシン触るの何年振りとか、初めての人には難しいです
先に初めて入園入学グッズを作るときのポイントの動画を見ておくとよいと思います。
https://creators.yahoo.co.jp/usakonoyousaikoubou/0300015908

--- いるもの ---
Dカン
2.5cmの持ち手テープ
キルティングの生地
※洋裁に慣れていない人は、キルティングの生地を選んでください。
これが間違いないですから!
普通のきじだと張りがないので裏に芯を貼ったり裏地が必要だったりするので、キルティングがおすすめです。
市販のバッグ向けのキルティングの生地は表地、芯、裏地が最初から一緒になっている便利な生地なんですよ!!

--- 作り方---

長方形に生地を二枚切ってください。


A22cm B5cm C30cm
A+B+2cm(29)
C+(A/2)+3cm(35.5)
持ち手のテープを切って下さい。
周りをほつれ止めをしてください。

B÷2+1cmの正方形を描いてください。
3.5cmの正方形を描いてください。
半分に折り印をつけます。

市販の本や作家さんの作り方の場合、短い方にDカンをつけることが多いですが
裳と手の向きでバッグが斜めになるんです。
長い方にDカンをつけた場合
Dカンをかけるのでまっすぐになるので、長い方にDカンをつけるのをおすすめします。

長い方にDカンをつける作り方
持ち手の表側の両端に両面テープを貼ります。
待ち針で固定しようとすると厚みで待ち針が曲がっちゃうんですよね。

・短い持ち手を付ける
持ち手の幅分中央を開けてテープをつけてください。
裏を上にしてねじれないように置いてね。
5mmの所を縫います。

・長い方の持ち手を付ける。
Dカンを通して、テープの表が出るように折ります。
持ち手の表の片方に両面テープを貼ります。
1cmずらし端から1.5cmの所を縫ってください。
持ち手の端に両面テープを貼ってください。
片方のテープの端を布の端に合わせて貼ります。
端から5mmの所を縫ってください。
端をずらすと厚みが減るので家庭用ミシンでも縫いやすくなりますよ!
・袋部分を縫う
表同士が内側になるように重ねてください。
横と下を1cm幅で縫ってください。
角近くの生地を持ち左右に広げてください。
横と下の縫い目の位置を合わせます。
縫い代は左右に広げてください。
線の上を縫う。
線の5mm上の縫い代を3mm残して切る
上から.5cmの所を縫う

「わからな~い!」と思ったら
それは理解するための情報が脳に入力されていないからかも。
洋裁の動画は覚えなくていいんです。
実際に縫いながら、一時停止したりして確認しながら一緒に作業するのが一番わかりやすいですよ。
充分入力されれば理解は後からついてきますからね!

・洋裁動画の見かたの動画はこちら
https://creators.yahoo.co.jp/usakonoyousaikoubou/0300018393

製作 うさこの洋裁工房

…続きを読む