How to

初めての人のためのジーンズのすそ上げの仕方 

うさこの洋裁工房

洋裁の先生

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

お店ですそ上げをしてもらうのをうっかりわすれたり、通販で買ったズボンの丈が長かったり、自分ですそ上げをしたい時がありますよね。
でもしわが入ったり、うまく縫えなかったり。
実はちょっとコツを知っていれば簡単に裾上げが出来ちゃうんです。

ズボンをはいて短くしたい丈になるようにすそを折ってください。
そこにチャコペンで1か所印をつけておきます。
全部じゃなくてこの高さがちょうどいいと思ったところ1か所でいいです。
左右の足の長さが大きく違うのでなければ片方だけでOKです。

印から裾の端までを定規で測って、縫い代分3cm引いてください。
その長さでズボンの裾に対して平行線を引いてください。
これが切る位置です。

切ったら下から3cmの所から斜めになるように縫ってください。
ズボンの裾はすぼまっています。
縦の縫い目をそのまま延長して縫うと長さが足りず縫った時に引きつってしまうのです。

同じ幅に折るために、すそに2cmごとの平行線を引いてください。
先にしたの平行線に裾の端を合わせて折る。
次に上の折山を上の2cmの線に合わせて折ると、同じ幅で裾が綺麗に折れます。

縫い代の重なった所は厚いので針が折れやすくなります。
厚いと段差になるので、縫い目が飛んでしまったりします。
厚みを減らすため、裾の三つ折りの中に隠れる縦の縫い代は、上の補助線の下で切り落としてください。
切りにくい方はペンチなどでつぶして厚みを減らします。

厚い生地は縫い目の長さが短いと負担がかかるので、縫い目の長さを長くします。
3~3.5cm位に調整してください。
すそから1cm幅で一周縫ってください。

針が折れるのは生地に対して針が細いから。
多くの方は針が折れるまで交換していないと思います。
実は針は消耗品の部品でネジを1つ回すだけで交換が出来ます。
ボールペンの替え芯交換する手間と同じくらいの労力です。

固いものに細い針だと単純に強度が足りないので折れるんです。

じゃあ全部太くすればいいのにと思うでしょう?
薄い生地に太い針だと穴が大きく開いて裂けやすくなったり、縮んだようなシワが出来ちゃうんですね。
なので厚い生地には太い針。
薄い生地には細い針を使ってくださいね。
太い針にしていても、ずっと交換せずに先がつぶれてしまっていると、刺さりにくくなって負担がかかって折れることがあります。
もうずいぶん変えてないな~とおもったら変えてくださいね。

縫う時はミシンにはフリーアームといって、手前の台部分を外して筒縫い出来るようになっています。
しかし、これを使うと持つところが短いので縫いにくいためおすすめしません。
生地がミシンの台の上にくるように置いて、内側から縫ってくださいね。
糸調整さえ合っていれば、表裏どちらから縫っても問題ありませんよ!

ジューンズのように糸を目立たせたい場合は30番という太さの糸を使ってください。
(家庭用ミシンでは20番の糸は対応していないものがあるため)
下糸は通常の太さの糸(60番)を使ってください。

これで自分でもきれいにすそ上げが出来ますね!
これからもいろいろ洋服関係の動画を作っていきますので、洋裁楽しんでくださいね!

「わからな~い!」と思ったら
それは理解するための情報が脳に入力されていないからかも。
洋裁の動画は覚えなくていいんです。
実際に縫いながら、一時停止したりして確認しながら一緒に作業するのが一番わかりやすいですよ。
充分入力されれば理解は後からついてきますからね!

・洋裁動画の見かたの動画はこちら
https://creators.yahoo.co.jp/usakonoyousaikoubou/0300018393

製作 うさこの洋裁工房

…続きを読む