How to

すそ上げしてダメージ加工のなくなったやぼったいジーンズの裾に色落ちダメージ加工してカッコよくしよう!

うさこの洋裁工房

洋裁の先生

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ジーンズを自分ですそ上げしたら、スソの色落ちがなくなってなんだかやぼったくなったってことありませんか?
普通の服って色落ちしてたり破れてたりすると見栄えが悪く見えますよね。
でもジーンズだけは例外で、ダメージ加工がない方がちょっとやぼったく見えるシルエットが多いんです。

動画でも比較していますがすその色落ちがないと
カジュアル感というかラフ感というか、ワイルドさが減っちゃうんですよね。

そんなわけで、裾上げした後にひと手間かけてワイルドにカッコ良くしちゃいましょう!

いるものは
裾上げしたジーンズ
紙やすりか、メラミンスポンジ
ペットボトルとか筒状のものをすその中に入れると支えになるので作業しやすくなりますよ。

やりかたは色落ちさせたいところをこするだけ!
こだわりたい人は持っている他のデニムや、ネットの画像を参考にするといいよ。

すその端を一周こすって落とします。
すその縫い代のある区間を少し斜めに縦に折ってこする。
綿生地は水にぬれると縮む性質があるのと
スラックスと違って、ジーンズの型紙はすそのラインが斜めなんですよ。
え?まっすぐじゃんって思うでしょ?
布の縦横は垂直に交わってるんだけど、その繊維に対してすそのラインが斜めになるようにカットされているんだね。

生地は縦横は伸びにくく斜めに伸びやすいという性質もあるので、縫う時に伸びてゆがみが生じやすいんだ。
その歪みがしわになり、盛り上がった部分が色落ちしているんです。
だから斜め方向に色を落とすんだよ。

・初めての人のためのジーンズのすそ上げの仕方 
https://creators.yahoo.co.jp/usakonoyousaikoubou/0300017345

あと、ハイターを使った色落ちの方法もあるのですが、結構色落ちと液の広がりが早いので、初めてだと失敗する確率が高いので、スポンジややすりでこする方式をおすすめするよ!

洋裁楽しんでね!

…続きを読む