How to

人形やぬいぐるみのベストの型紙の作り方

うさこの洋裁工房

洋裁の先生

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ぬいぐるみのお洋服って人間と違って小さいからすごく作りやすいんですよ!
動き回らないから強度も人間用程いらないから色々省略できるんだよ!
細かく説明しているので、難しいように見えるかもしれないけど、実際に手を動かしてみると小学校の図工程度の作業しかしていないので、あれ?なんで難しいって思ったんだろうと感じると思います。

本格的なやり方で、お人形の服の作り方を解説している方はすでにいらっしゃるので
この動画では初心者向けに出来るだけ簡単に手間を省いて作る方法で説明しようと思っています。

-+-+-+ 作り方 -+-+-+

前回の動画で基本となる型紙を作ったよね!
これを原型と言います
この型紙を使ってベストの型紙を作ってみましょう!
同じ原型を保存用に写しておくと何度も改造できるよ!
スキャナがあればコピーを取っておくのでもいいよ
前中心が重なる分としてボタンの半径+1~2mm出す
手や手首が太いぬいぐるみは太い所をはかる
腕のカーブが手の太さより長くなるように修正する
手首より短いと手が通らないよ
脇の長さが同じになるように調整する。

型紙づくりって難しく考えなくていいんです
原型の脇をテープで固定する
原型をお人形やぬいぐるみに当てる
原型に直接好みの形に線を引く

人形の大きさによって3~7mm幅で縫い代をつける
10cm以下だと3~5mm
40cm以下だと5mm
70cm以下だと5~7mm位
こんな感じのベストが作れます
スエードやフェルトなどほつれない生地は
縫う所だけ縫い代をつけるだけでよいです
布の裏に薄い接着芯を貼るとほつれにくくなります。
簡単につくりたい場合芯を貼ると楽です。

原型の肩をつなげていると縫う場所を減らせるよ。
しかし向きのある生地の場合、型がつながっていると柄が綺麗に出ません。
その場合は肩で切り離して型紙を作るといいです。
人間と違って動きで力がかからないので、和紙と接着剤で作ってもいいですね!

--- いるもの ---
 ものさし
 紙
 シャーペン
 

-+-+-+ 「わからな~い!」と思ったら -+-+-+」

それは理解するための情報が脳に入力されていないからかも。
洋裁の動画は覚えなくていいんです。
実際に縫いながら、一時停止したりして確認しながら一緒に作業するのが一番わかりやすいですよ。
充分入力されれば理解は後からついてきますからね!

・洋裁動画の見かたの動画はこちら
https://creators.yahoo.co.jp/usakonoyousaikoubou/0300018393

製作 うさこの洋裁工房

…続きを読む