How to

とてもかんたんで思い出の服も残しておける!オリジナルのハンカチを作ってみませんか?

うさこの洋裁工房

洋裁の先生

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

洋服を作った後の生地が中途半端に残って、もったいないので何かに使えないかなぁ?
そういう時は何枚あっても困らないものを作るといいよ。

ハンカチって端を縫うだけなのに、いつも使うし何枚あっても困らないよね。
着られなくなったけど思い出があって捨てられない服あるよね。
これもハンカチにするとずっと持っていられるよ。

-+- ハンカチの作り方 -+-

布を四角く切る。
慣れてないと縫い代が細いとうまく縫いにくいので、今回は端を7ミリ位の三つ折りにする。

作りたいサイズ+縦横3センチの正方形を描く。
持っているハンカチのサイズを参考にするといいね。

生地の裏側の端から1.4センチの所に線を引く。
線の交わった角を斜めに切る。
こうすると角の厚みが減るよ。

最初の5センチ程度爪で折り目を付けてください。
1.4センチの線に布の端を合わせて折ります。

折った布の端のそばでもう一度折ります。

家庭用ミシンは針の落ちる穴が大きいので、角が穴にくいこみやすいんです。
だから角じゃない所から縫い始めます。

角を縫う前に下に紙などを敷き穴に落ちないようにします。
セロファンを使うとあとで取り除きやすいですよ。

針が角まで来ると紙を敷けなくなるので、3センチ位手前で敷くのがポイントです。
10~15センチ離れた所を持って三つ折りします。
生地をピンと張って持ってください、引っ張るんじゃないよ。
たるませると折り目が広がります。
ピンと張ると人差し指で縫い代を内側になぞるだけで、綺麗な三つ折りになります。

角の5センチ手前で止まってください。
そのまま縫った後次の辺を三つ折りすると、押さえに押されて折り目が広がるんですね。
なので先に手前の辺を三つ折りして、今縫っている辺を三つ折りして縫うと綺麗に縫えますよ。

角は針が刺さった状態で縫ってください。
針が上がっていると角がずれやすくなります。

食い込みにくいように角の下に紙を敷いて縫ってください。
紙があると紙を引っ張れるので縫いやすくなりますよ。
これで4辺縫えばハンカチの出来上がり!

ハンカチの作り方なんて誰でもわかるのに、どうしてわざわざ動画を作ったの?
大事なのは三つ折りの縫い方なんだよ。
ピンと張れば待ち針がいらなかったり、手前の辺を先に折れば角の縫い代が広がらなかったり、紙を敷くと食い込みにくくなったり。
洋服を作る上での重要な技術が手に入るんだ。

ミシンの練習にもなって、ハンカチも手に入って、一石二鳥だね!

--- いるもの ---

生地にあった色の糸
紙(セロファン)

--- 作り方 ---

「わからな~い!」と思ったら
それは理解するための情報が脳に入力されていないからかも。
洋裁の動画は覚えなくていいんです。
実際に縫いながら、一時停止したりして確認しながら一緒に作業するのが一番わかりやすいですよ。
充分入力されれば理解は後からついてきますからね!

・洋裁動画の見かたの動画はこちら
https://creators.yahoo.co.jp/usakonoyousaikoubou/0300018393

製作 うさこの洋裁工房

…続きを読む