How to

ニットやサテンなどずれたりして書きにくい生地でもきれいに型紙を写せる洋裁の裏技

うさこの洋裁工房

洋裁の先生

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ソーイングでは扱いやすい生地だけではなく、よく伸びるニットやツルツルした生地を扱うことがあります。
こういう生地に印をつけようとすると、伸びてずれて綺麗に書けなかったり、形が変わったりするんですよね。

そういう時は、定規をつかういいんですよ!

定規を使うと面で布を押さえるので、生地がずれないんですよ!

・指だけの場合
 点で押さえているので間が動く

・定規で押さえた場合
 面で押さえているので生地が動かない

ちょっとしたことですが、これで布に型紙を写すのがとっても楽になりますよ~

--- 「わからな~い!」と思ったら ---

それは理解するための情報が脳に入力されていないからかも。
洋裁の動画は覚えなくていいんです。
実際に縫いながら、一時停止したりして確認しながら一緒に作業するのが一番わかりやすいですよ。
充分入力されれば理解は後からついてきますからね!

・洋裁動画の見かたの動画はこちら
https://creators.yahoo.co.jp/usakonoyousaikoubou/0300018393

製作 うさこの洋裁工房

…続きを読む

How toの新着作品

すべて見る

こちらのクリエイターもおすすめ

すべて見る

タグから探す

すべて見る