How to

はぎれの布でできる! 立体マスクの作り方

うさこの洋裁工房

洋裁の先生

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

のどの保湿や、アレルギーなどの、くしゃみで唾を飛ばすのを防ぐマスクを作ります。
ウイルスや細菌などの感染予防のものではないので、うがい手洗いをしっかりしてね。
寝る時や自宅などで喉の保湿の為にマスクを使っている方
うつる病気じゃないけどアレルギーやぜんそくなどで咳やくしゃみが出るので、唾液の飛沫を出したくないという用途などにお使いください。

・ もっと詳しい説明と型紙はこちらから
https://yousai.net/how_to/miscellaneous-goods/cloth-mask

お手持ちのプリンターか、コンビニで印刷して使ってください。
動画はサクッとご覧いただけるよう部分的に早送りでおとどけしています。

縫い方
表側と裏側の生地を枚用意します。
表は目が詰まった生地。
裏側はガーゼなど綿の肌触りの良い生地がいいと思います。
布にマスクの形を写す。
左右対称に2枚ずつ切る。
両端を1センチ裏に折る。
表同士が内側になるように重ねる。
カーブ側の縫い代を1センチ幅で縫う
裏も同様に1センチ幅で縫う
縫い代を5ミリ幅に切る。
縫い代を左側に折り表から縫う。
縫い代を固定すると中がすっきりする。
裏地と表地を表面同士が内側になるように重ねる。
上側の縫い代を1センチ幅で縫う。
下側の縫い代も1センチ幅で縫う。
下側の縫い代を5ミリに切る。
糸を切らないよう切れ目を入れる。
上側の縫い代も5ミリに切る。
上側は切り込みはいらない。
ひっくり返す。
上下1センチ開けて3~5ミリ幅で縫う
上下の1センチの所からゴムを入れる。
形を整える。
1.5センチ幅で中を縫う。
これでマスク本体完成。
ゴムを通し、軽く結ぶ。
二本一緒に軽く結ぶとほどきやすいので、長さを微調整しやすいです
型紙は動画説明欄をみてください。
自宅のプリンターやコンビニで、実物大で印刷できます。
生地は先に水に濡らして、乾かしてから使ってください。

いるもの
表生地 横26センチ 縦20 1枚
裏地  横26センチ 縦20 1枚~5枚
ガーゼなどがおすすめ
 裏地は生地の厚さに応じて重ねて
 1枚として縫ってください
表生地にあった色の糸
丸いゴム紐 80センチ前後

一緒にどうぞ
・咳こんで白い目で見られたくない人必見!お金のかからないマスクに貼るシール
https://creators.yahoo.co.jp/usakonoyousaikoubou/0300048731

…続きを読む