How to

型紙いらず!フリルブラウスの縫い方!子供用も作れるよ

うさこの洋裁工房

洋裁の先生

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

フリルブラウスの作り方を説明するよ
布の切り方は前の動画を見てね!
https://creators.yahoo.co.jp/usakonoyousaikoubou/0300072224

初心者の方はラックテープと言う布用の熱接着の両面テープを使うと綺麗につくれるよ!
動画の説明欄にリンクがあります
アイロンの熱でくっつく両面テープです
待ち針を刺すヶ所を減らせるのでずれにくく縫いやすくなるんです!
胴体の下から2.5センチの所にテープを貼る
両端は縫い代があるので1.5センチ開けておく
線の上と下5ミリの所に5ミリのテープを貼る
フリル2枚を表同士が内側になるように重ねる。
全体が見えるよう1/3サイズで説明しています

両端は縫い代があるので1.5センチ開けておく
折り目を広げ1センチ幅で横を縫う
片方はゴムを入れるため
2センチの折り目の分開けてから1センチ幅で縫う
ゴム通しが引っかからないよう
縫い代の端を縫って固定する
はく離紙をはがし固定する
テープを使わない時は待ち針を刺す
フリルの端から5ミリの所を縫う
両肩の斜めの所を5ミリ幅で縫う
胴体を表同士が内側になるように重ねる。
すその縫い代を広げる
1センチ幅で脇を縫う
反対の脇も同様に縫う
左右の縫い代を広げてすそを折る
脇の縫い代と裾にアイロンをかける
テープを使わない場合は待ち針を刺す
胴体を表にひっくり返す
端から1.5センチの所を縫う
フリルを表側にひっくり返す
両方表側が見えるように
胴体の中にフリルを入れる
フリルと胴体の中心をあわせる
胴体とフリルの重なった区間を縫う
内側から折り目の1ミリ外側を縫う
折り目の上を縫うと糸の厚みで
綺麗に折れないので外を縫います

フリルだけの所は縫わなくて良い
反対も同様に縫う
テープを貼った場合はく離紙をはがす
フリルを表側に折る
ラックテープははく離紙をはがすと
弱粘着があるので仮固定が出来ます
テープがない場合は待ち針を刺す
1.5センチの所を一周縫う
針から1.5センチの所にマスキングテープを貼って
布の端をテープに合わせるとまっすぐ縫える
フリルの横からゴムを入れたら完成です!
ゴムは強度が商品によって異なるので
長さは試着しながら決めてください
ゴムを緩めにして肩だしにしたり
短めにして首元フリルにしてもいいですね

いるもの
透けにくい色の生地 
量は動画説明欄を見てね
生地にあった色の糸
平ゴム 0.8~1センチのもの

必要な布の量(電卓使えばあっという間だよ)
A(横)バストサイズ÷2+13~15センチ
B(縦)背丈+1~4センチ
下げて着る時は1~4を少なめにする。

Aが布の幅の半分以下の場合
B+40センチ

Aが布の幅の半分以上の場合
B×2+40センチ

ただし柄合わせが必要な生地の場合、3~4柄分長めに必要な場合があります

■参考情報/Yahoo!ショッピング
・ラックテープhttps://shopping.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%97+4%EF%BD%8D%EF%BD%8D%E3%80%80%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%B3&X=4&sc_i=shp_pc_search_sort_sortitem

…続きを読む