How to

洋裁の先生が教えるズボンの後ろやシャツの胸ポケットの縫い方  洋裁初心者のための基礎講座

うさこの洋裁工房

洋裁の先生

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ズボンの後ろや、Yシャツの胸などについているような、布の表に貼り付けたタイプのポケットの作り方です
布に型紙を重ねて線を写します
縫い代を布に測りながらつけると布は動いてずれやすいので
ゆがんだりサイズがかわったりします
型紙に最初から縫い代をつけておくと正確に写しやすくなります
このポケットの場合切る時は線の外側を切る
通常は線の内側を切る
折り曲げると布の厚み分小さくなる
それをみこして大きく切るのです。
裏に縫い代の倍の幅で補助線を引く
補助線に合わせて折れば初心者でも縫い代を綺麗に折ることが出来ます
先にポケット口から折るのが重要です
横と下を折る
横と下の縫い代に熱接着テープを貼る
ポケットは待ち針だとずれやすいので熱接着の両面テープで固定すると
ゆがんだりせず綺麗につけられます

熱接着の両面テープは熱でくっつく布用の両面テープです
熱を加えるまで接着力がないので手や布が汚れない便利な道具です
詳しくは説明欄にリンクがあるよ

横の縫い代を広げポケット口を縫う
最初にポケット口を縫わないと後で縫えなくなるのでここの順番は大事です
ポケットを付ける印はチャコペンで型紙の上から10秒ほど押さえると下の生地に写ります
もしくは目打ちで穴を開けます

点の印にポケットの端をあわせる
はくり紙をはがし中温のアイロンで15秒体重をかける
温度は中温で

上の端が一番力がかかるので横方向に縫って補強します
大事なのは横方向に縫う事なので三角でも四角でもOKです
向きを変える時は針を布に刺した状態で回すと縫い目がずれません
端から2~5mm位の所を縫う

縫い代が表に見える場合は糸きりで中に押し込んで縫ってください
反対側の端も同様に縫う
糸を切って完成
プロが技術で縫っている所を
熱接着のテープという道具を使えば初めてでもきれいにつくれるよ!

------------------------

どうしてシャツのポケットとか端が三角になっているの?
それはね、上の端に一番力がかかるからだよ
一ヶ所だけだと糸が切れたり
布が裂けやすくなる
だから横に縫う事で
2~3か所にかかる力を分散できるんだよ
大事なのは横方向に縫う事なので
デザインによっては
三角や四角に縫っていたりするよ

…続きを読む