How to

洋裁の先生が教える初心者向けミニスカートの縫い方1無料の型紙プレゼント! 脇縫い~見返しつけ

うさこの洋裁工房

洋裁の先生

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ウエストベルトのないファスナー開きのミニスカートの作り方です。
全体が映るように1/3サイズで作っています。
型紙はここから
 https://yousai.net/how_to/skirt/miniskirt

接着芯を型紙より1センチ以上大きめに切る。
 接着芯について
 https://yousai.net/how_to/kiso/manga15
これは前後2枚分。
芯より大きめに切った布の裏に芯を重ねる。
中温のアイロンで15秒体重をかけて押さえる。
接着芯の詳しい説明は説明欄にリンクがあります。
接着芯は縮むので先に貼ってから写す。
型紙の印は重要なので忘れずに写す。
スカート部分に接着芯は不要です。
印は位置合わせやファスナー付けに必要なので必ずいれてください。
布の端をほつれ止めする。
 https://yousai.net/how_to/bubunnui/kobetu/hoturedome
上側は中に隠れるので不要です。
見返しを表同士が内側になるように重ねる。
縫い代の狭い方を縫う。
はじめと終わりを3針往復する。
1センチ幅で縫う。
スカート部分を表同士が内側になるように重ねる。
切り込みから下を縫う。
見るのは針ではなく布端。
ミシンの1.5センチの印に端を合わせて縫うとまっすぐ1.5センチ幅で縫える。
はじめと終わりを3針往復する。
1.5センチ幅で縫う。
ファスナーをつける。
ファスナー付けは別に動画があるので説明欄のリンクから見てね。
表同士が内側になるように重ねる。
3針往復して1センチ幅で縫う。
終わりも往復して止める。
見返しとスカートの長さが同じ型紙の場合。
見返しの端を1センチ切る。
見返しとスカートの表同士が内側になるように重ねる。
見えやすいように表がえしていますが、中に見返しを入れて付けたほうが楽です。
端を固定する。
縫い代を広げて端から5ミリの所を縫う。
端を往復して5ミリ幅で縫う。
反対も5ミリ幅で縫う。
段差で縫いにくい時は、ファスナーのレールを指で平らにして縫う。
ファスナーの方の脇を、1.5センチの所で裏に折る。
ファスナーのついていない方の脇を固定する。
縫い代を左右に広げる。

…続きを読む