How to

数ミリ切るだけ!洋服の仕上がりが良くなる洋裁のコツ

うさこの洋裁工房

洋裁の先生

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

えりのついていない丸い首元や、そでなしのそでのカーブなど、ちょっとしたひと手間で仕上がりが違うんです。
そのひと手間とは、縫い代に切込みを入れる事です。
洋服の作り方の説明書には縫い代に切り込みを入れたり、三角に切ったりすると書いてあります。
この違いが良く分からず適当にしているという方も多いと思います。
切り込みと三角に切るのはカーブの向きによって使い分けるんですよ。

内側についた縫い代は出来上がり線より短いんです
なので縫い代を内側に折ろうとすると、長さが足りず引きつってしまいます

この引きつりを解消するために切れ目を入れます
すると縫い代が広がって落ち着くんですね。

外向きのカーブについた縫い代は出来上がり線より縫い代のほうが長くなる
だから縫い代をたたむと重なってしまう
この重なり分をつまんで切り落とすと広げた時に三角になります
それをみこして、最初から三角に切るんです

これで縫い代を折ると重なりが消えるので厚みが抑えられ綺麗に仕上がるんだよ。

覚えられないよ~という人は慣れるまで両方三角に切っていればどちらでも対応しますよ

…続きを読む