How to

  • いいね

ミシンの縫い初めの食い込みを減らす方法 ミシンの使い方

うさこの洋裁工房

洋裁の先生

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ミシンで縫い始めた時くいこんですすまないことがありますよね。
布端が食い込むという事は、生地の端がミシンの穴に押し込まれているからなんですね。
穴に板を置いた時片方が浮いた状態で踏むと、穴に落ち込みますよね?
それと同じなので、布の端を穴より向こうにしてあげるとくいこみにくくなります。
ただ、ニットやガーゼなどは、生地自体が柔らかいので、穴より向こうに端を置いても、押し込まれやすいので
その場合は下にセロファンを敷いてあげると、支えになります。
いろいろ試した結果、紙でも効果があるのですが、紙は取り外すときに縫い目が汚くなりやすいです。
セロファンは縫い目の上を目打ちなどでなぞると簡単に破れるので縫い目が綺麗です。
百円ショップでも購入できますので、使ってみてください。

シェア

いいね

コンテンツへの感想