How to

  • いいね

アイロンはすべらせちゃダメ!?布の型崩れはアイロンの使い方なんです

うさこの洋裁工房

洋裁の先生

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

布のシワを取ったり濡れた生地を乾かしたりするのに普通に滑らせてアイロンをかけますよね。
実はこの動画の中ですでに恐ろしいことが起こってるんです
画像をご覧ください
線の間は10cmですね
これにアイロンをかけます
皆さんこうやってすべらせてかけていると思います
では再度ご覧いただきましょう
定規の数値は10.2mm
わずか10cmで2mmも伸びているんです!!
ワンピースとかスカートとかになると丈が70cmとか1mを超えることもあります!
加えて、織物は縦横より斜め方向が
ものすごく伸びる性質があるんです!!
縫う前にシワが入ったからアイロンかけよ~っ
といってスカートとか斜めの所にアイロンをすべらせると
どんどん伸びます!

そして前と後で待ち針刺して縫おうとしたら型紙通りに切ったはずなのに
長さが全然合わない!!
柄合わせしようとしたら柄の幅が違う!という事が起こったりします。
お裁縫をしたことがある方はわかるとおもいますが
長さが全然合わないって…ものすごく困るんです。
アイロンをすべらせると生地が伸びる
この対応策はとても簡単です
アイロンをかけるとき、移動させるときは持ち上げるだけ。
もしくは薄い布かクッキングペーパーを布の上に重ねてかける
これだけでと伸びずにすみますよ!

シェア

いいね

コンテンツへの感想


How toの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る