How to

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

ビスチェ等生地が重力で垂れてこないように骨組みをいれる方法

うさこの洋裁工房

洋裁の先生

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

ビスチェやコルセット等肩ひもやそででつられていない服の場合ずり落ちたりめくれたりすることがあります
それを防ぐために服にボーンという骨組みを入れます
一般的には縫い代の裏にボーンを入れる袋を付けたり裏地の隙間に入れたりするのですが
ミシンに慣れていないとまっすぐに縫えずボーンが通らなくなったりします
そこで今回は直接ボーンを縫い付ける方法をします
1度縫った所にボーンをつけます
縫い代を広げアイロンをかけます
あまり動かすと生地が伸びたりするので
アイロンを動かす時は少し浮かせて生地に負担がかからないようにかけてあげるといいと思います
このように色が変わりますが温度が下がると元に戻るので安心してください
ボーンの長さですが上下に縫い代が1cmあるので
上下1.3cm短くなるようにボーンを切ってください
厚みがあるので3mmすきまを作ると綺麗に折れます
ボーンを切ったら丸まってるカーブの方に
熱接着のテープを貼ります
熱接着のテープっていうのはアイロンでくっつく両面テープです
アイロンをかけなければどこを触っても手に接着剤がつかないので生地を汚したりすることがありません
ボーンの裏側にテープを貼ります
仮止めで軽く貼ります
そしてしっかり10秒ぐらいアイロンで圧着させます
アイロンの温度は中温
冷えるのを待ってください
完全に冷えたら剥離紙を剥がします
熱接着の両面テープを貼った面を下にして縫い代の縫い目の真ん中にボーンを貼ります
このとき縫い代があるので1.3ミリぐらい空けて貼っていきます
真ん中を見ながら置いていきます
そしてアイロンをかけます
1箇所15秒から20秒
滑らせずに上から押さえるように中の温度でかけていってください
そしてこの熱接着のテープは熱で接着剤を溶かし、圧力で食い込ませるので、体重をかけて圧力をかけてあげてくださいね
生地によっては縫い代の厚みが表に「あたり」と言って表に縫い代の線が出ることがあるので間に厚紙を挟んでアイロンをかけてあげると表側にあたりが出にくくなります。
完全に冷えるまでまってください
ついつい触りたくなるのですが、熱いうちは接着剤が溶けているので
熱いうちには触らない
これ大事です
ひっくり返して表の縫い目の上からミシンで縫っていきます
縫い目の上を黄色い糸で縫ってあります
これでボーン付けは終わりです
縫い目の上をきれいにまっすぐ縫うのって難しいという方、多いと思います
これは見やすいようにあえて黄色で縫っています。
ぬいめの上を縫うと縫い目が目立たなくなりますが
皆さんの同じ色で縫うと思いますので
縫い目が蛇行しても1mも離れてしまえば全然気にならなくなりますので安心して縫ってください

・もくじ
型紙一覧
https://creators.yahoo.co.jp/usakonoyousaikoubou/0100215697

他のミシンの糸が切れる理由はこちら
https://yousai.net/sewing_machine/itogire

ミシンのトラブル対処法はこちら
https://yousai.net/category/sewing_machine

日本最大のホビーショー2022 手芸道具の新商品や講座の紹介
https://creators.yahoo.co.jp/usakonoyousaikoubou/0100233250

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想


How toの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る