モノ/ガジェット

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

Canonの超広角レンズ「RF16mmF2.8」はコスパ抜群

UZUMAX

YouTubeCreator

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

Canonが2021年10月に発売したばかりのレンズ「RF16mmF2.8 STM」

撒き餌レンズとも言われるCanonお得意の低価格で、なかなか楽しめるレンズだ!

私はCanonの一眼レフ、EFレンズ時代にもEF50mmF1.8と言うレンズを使っていました。
今では今回紹介しているレンズと同じタイプのRF50mmF1.8も愛用しています。

どのレンズも共通しているのは、水や衝撃に弱いプラスチック素材!画質はほどほど!みたいな感じです。

ただ価格が5万円以下・・・もしくは3万円以下で販売されているので、その価格で考えると非常にお得!

例えばCanonの超広角レンズ、まぁズームレンズになってしまいますが、15mmあたりを使いたいとなると価格は30万円クラス!
全然違います。

私は動画を仕事としているので、15-35mmF2.8と言うレンズも使っていますが、こんなレンズ仕事で使わなければとても買えません!

って方に4万円程度で購入できる「RF16mmF2.8 STM」は本当にお買い得なんです!

そんな安いレンズで本当に写真や動画を楽しめるの?って思う方もいますよね。

大丈夫!私は最近の映像はこの「RF16mmF2.8 STM」と「RF50mm F1.8 STM」を合わせて使って撮影しています。
もちろんお仕事用としても利用してます。

確かに周辺画質の解像感低下や、色見など細かく見れば精度は落ちてますが、そこまでクッキリと出るものではありません。

まずはなかなかレンズ交換式カメラでは手を出しにくい、超広角レンズの世界を楽しんでみてはいかがでしょうか?

※現在、商品の在庫が無く Canonの公式ページでお詫びとご案内が出されています。

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想


モノ/ガジェットの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る