専門マスター

時速38km/h 以上でワイパー不要の【クリンビューガラスコートハイブリッドストロング】を使ってみた

わちゃめちゃじゃけえ。

エセ自動車評論家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回はガラスコートの【クリンビューガラスコートハイブリッドストロング】のご紹介です。

施工する車は【2018年7月販売モデル MAZDA (マツダ) ND roadster (ロードスター) RS】です。

施工前の準備として、油膜落としなどの下地処理をしています。

施工前の状態は、全く撥水せず水の膜を張った様な状態となっております。

【施工】
汚れを落とし、ガラスが完全に乾いた状態で行います。

1.液剤が垂れるのを防ぐ為、キャップを上にして本体のキャップを開けます。

2.フェルト部分をガラスに付けた状態でボトルを握り、少しづつ液剤を出して施工します。

3.タテタテ、ヨコヨコの動きで全体的に塗り広げていきます。

4.全体的に塗り終わったら、一度放置し液剤が乾くのを待ちます。

5.乾いてきたら液剤が白くなるので、綺麗な濡れタオルで液剤を拭き取り施工完了です。

【施工後の様子】
綺麗に撥水してくれて、ワイパーなしでもほとんど水滴が残らない状態になります。

ワイパーをかけることでより綺麗に撥水してくれます。

ガラスに水滴がついた瞬間から綺麗に撥水するので、視界は良好です。

尚且つ、時速38km/h 以上で走行することでノーワイパーでも水滴が残らず綺麗に飛んでいきます。

雨の日の夜など、施工していると施工していないとではかなり違いが出ますので
是非、6月の梅雨までに施工してみてはいかがでしょうか。

この他にも、車関連の動画をあげてますのでフォローよろしくお願いします。

…続きを読む