専門マスター

  • いいね

新型 N-BOXカスタム L の内装・外装紹介&マイナーチェンジ変更点まとめ!

わちゃめちゃじゃけえ。

エセ自動車評論家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は【2020年12月販売モデル 新型の HONDA (ホンダ) N-BOXカスタム L 約177万円】の内装・外装紹介とマイナーチェンジ変更点まとめです。

【フロント】
パッと見、大きな変更点はございません。
ただですね、細かい所のデザインの変更があったりして
従来のN-BOXよりも、少し"ワイド"に見えるようなデザインとなっております。

【サイド】
ホイールのデザインがガラッと変わりました。

【リア】
下に付いてるメッキパーツ
元々はここがメッキではなかったんですがメッキに変更されてます。

また、クリアランスソナーが従来は2つだったんですが4つに変更になりました。
これによりリアの誤発信抑制の精度がUPしました。

【トランク】
開口口がかなり広くなっております。
ベビーカーなどの高さのある物も楽々積めちゃうことが出来ます。

【後席】
こちらのグレードは、両サイドパワースライドドアではなく
助手席側のみパワースライドドアとなっております。

1番上のグレードだけ両サイドパワースライドドアになってます。

(後席に乗り込んでみて)僕の身長は170cmなんですが、頭上にはだいたい拳3つ分ぐらいのスペースがあります。
後席を全下げにした状態だと、足元も足を組めちゃうぐらい広いです。

また、N-BOXは後席の座面を刎ね上げることが出来るので、後席にベビーカーを立てた状態で載せちゃうことも出来ます。

リクライニングは1段階だけございまして、拳1個分の可動域があります。

更に後席にも肘置きが付いてるので、かなりゆったりと座ることが出来ます。

【運転席】
シートに座った感じは、ホールド感がすごくあるって言う訳ではないんですが
軽自動車にしてはかなり座り心地の良いシートとなっております。

内装でのマイナーチェンジ後の変更点は、運転席ドアレバー周辺のパネル&助手席前のパネルが変わってます。
元々はブラウン調のパネルだったんですがピアノブラックのパネルに変更されてます。

ホンダの車といえばやっぱり、収納スペースが多いというのが特徴ですが
今回も新型N-BOXカスタムも至る所に収納スペースがあります。

【まとめ】
今回はN-BOXカスタムのご紹介でした。

お値段は他の軽自動車に比べたら高めにはなるんですが
それでもやっぱり、道などでN-BOXはよく見かけますよね!?

高くてもそれだけオーナーを満足させてるっていうのが
この車だと思うんで、気になった方は是非試乗されてみてください!

この他にも車関連の動画などもあげてますので
フォローよろしくお願いします。

最後までご視聴ありがとうございました。

シェア

いいね

コンテンツへの感想