専門マスター

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

トヨタ 18クラウン アスリート Gパッケージ の内装・外装紹介【100万円以下で買える高級セダン】

わちゃめちゃじゃけえ。

エセ自動車評論家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

今回は【2007年1月販売モデル TOYOTA (トヨタ) CROWN ATHLETE (クラウンアスリート) ATHLETE G パッケージ (アスリートジー) 540万円】のご紹介です!

ちなみに18クラウンの後期モデルとなります。

18クラウンというと2003年〜2008年の間に販売されたモデルで

当時は高級車として販売されていたのですが
3世代前のクラウンということで

今では100万円以下で買える高級セダンとなっております。

【フロント】
この18クラウンの特徴なのですが
別名ゼロクラウンとも呼ばれてます。

別名ゼロクラウンと呼ばれてる理由は
17クラウンまでどちらかと言うとおっさんくさいイメージだったんですが

18クラウンから若者にも乗って欲しいっていう戦略がありまして

積み上げてきたものは一旦ゼロにして
ゼロから作り直そうっていうことで作られたクラウンだから

別名ゼロクラウンとも呼ばれてるみたいです。

なのでデザインはそれまでの17クラウンの型に比べたら
どちらかと言うと若者向けのデザインとなっております。

【サイド】
クラウンの中でもアスリートのGパッケージっていうことなので
よりスポーティで若者向けのデザインとなってます。

ホイールはこのグレードだと18インチのホイールが付いております。

結構メッキ感もあるんですけどもギラギラ感はなく
程よく上品な輝きがあって

目立ちすぎず目立たなすぎず
バランス良いホイールだなっていう風に思いました。

【リア】
高速道路で18クラウンのリアを見かけたら
思わず覆面パトカーかなって思うんですけども

200系も似たようなデザインとなってて

僕は平成生まれなんですが
僕からしたらこれぞクラウンだなっていうイメージが強いです。

マフラーは2本出しとなってて
すごいスポーティに感じられます。

【後部座席】
開口部がしっかりこれ広いんで
めちゃくちゃ乗り込みやすいです。

乗り込んだ先にはまずでっかいグリップが付いてるんで
乗り降りする際なんかには
かなり役に立つグリップとなってますし

グリップにも本革が使われてて
すごい高級感があります。

真ん中の肘置きのところには
たくさんボタンが付いてるんですけども

シートヒーターのボタンであったりとか
リクライニングの設定するボタンであったりとか

後席のエアコン関係の操作ボタン
後ろのサンシェード
さらにオーディオ関係も後席で操作できるような豪華仕様となってます。

アスリートなので運転しても楽しい車だとは思うんですけども

一方で役員さんとか社長さんなんかを
送迎する社長車としてもかなり優秀なんじゃないかなって思います。

シートも豪華に本革が使われてて
かなりゆったりして座れるようになってます。

【運転席】
意外とホールド感あるなって感じです。

包まれる感があるんで
それなりに激しい運転しても体が安定しそうだなってイメージがあります。

メーターとかナビ類も若干古くささっていうのは
ぶっちゃけ感じるところではあるんですが

この年代にしては
ナビの画質とかもすごい良いですし

メーターとかもすごい綺麗にパッと光ってるので

ちょっと古くささはあるものの
今乗っても十分使える車だと思いますし

なんといってもこの年代ならではのボタンの多さとか渋さとかっていうのが
逆にすごい良いかなって思う部分もありますので

渋いセダンに乗りたいとか安く買える高級感のあるセダンに乗りたいとか思ってる方は

是非ゼロクラウンを検討されてみてはいかがでしょうか?

この他にも車関連の動画をアップロードしておりますので
是非ご視聴の方宜しくお願いします!

最後までご視聴ありがとうございました!

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想


専門マスターの新着コンテンツ

もっと見る

こちらのクリエイターもおすすめ

もっと見る

タグから探す

もっと見る