モノ/ガジェット

スマホではじめるVR♪ 自分で撮って楽しめる

わっき

映像ディレクター/デザイナー/パノラマ写真家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

皆さんが普段お使いのスマホでVR映像が楽しめるってご存知ですか?

え?本格的な高価な機材が必要じゃないの?
今ではスマホ用のVRゴーグルって100均でも購入できるんですよ♪

ダンボール製だったりしっかり目のゴーグル型もありますが、スマホに挟み込むだけで使えるVRグラスがコンパクトだし一番手軽でしょう。

スマホ用VRグラスは100均でも購入できる一番手軽なVR
スマホ用VRグラスは100均でも購入できる一番手軽なVR

左右のレンズを通して右目左目それぞれ専用の画面を見ることで映像が立体的に見えるだけでなく、スマホのジャイロ機能を使って視線の方向も直感的に変えられる。
まるでその場に居るかのような体験ができるんです。

でも3DVRの撮影って専用の高価な機材が必要なんじゃないの?

確かにそれは半分正解ですが、思っているほど難しくないんですよ。
今回使用したのは「Insta360 EVO」というカメラで、180度の3DVRだけでなく360度動画の撮影もでるハイブリッドタイプ。
コンデジ感覚でVR撮影ができるんです。

変形して180度立体VRも360度VRも撮影できる
変形して180度立体VRも360度VRも撮影できる

この様なハイブリッドタイプのVRカメラを使えば、ご自身で撮影した映像も簡単にVRで楽しめます。
スマホと比較すると大きさが分かると思いますが、とてもコンパクトだし比較的安価に購入できるんですよ。

【ハイブリッドVRカメラ】左:Qoocam 中央下:Insta360 EVO 右:Vuze XR
【ハイブリッドVRカメラ】左:Qoocam 中央下:Insta360 EVO 右:Vuze XR

では実際どんな映像が撮影できるのでしょうか?

立体映像と聞いて分かりやすいのは、赤青メガネを使用するこんな映像かもしれません。

これはInsta360 EVOで撮影したものですが、画面が固定でVRではないですよね?

VR映像はYouTubeで公開できます!

180度の視界をその場に居るかのような臨場感で見渡せるんです。

この映像をスマホの「YouTube」アプリで開いて再生すると、動画の右下にゴーグル型のアイコンが現れます。

スマホのYouTubeアプリでVR映像を開くとゴーグル型のアイコンが現れる
スマホのYouTubeアプリでVR映像を開くとゴーグル型のアイコンが現れる

これをタップしてスマホを横向きに見ると、左右に同じ様な映像が並んで表示されます。
でも実は右目左目別々の映像になっているんです。

左右別々の視差のある映像が再生される
左右別々の視差のある映像が再生される

これを最初にご紹介した「VRグラス」で見ればもう立派なVRです!

VRグラス越しに見れば3DVRを楽しめる♪
VRグラス越しに見れば3DVRを楽しめる♪

ネット上にはこんなVR映像がたくさん公開されているし、VR動画専用のスマホアプリも色々あります。
まずは100均で購入できる安価なタイプからはじめてみてはいかがでしょうか。
VRの入口としては格安です♪

専用VRゴーグルなら没入感は段違い
専用VRゴーグルなら没入感は段違い

もちろん没入感という意味では専用のVRゴーグルにはかないませんが、スマホでも十分楽しめるので是非お試しください。

関連ブログ記事&YouTube

とうとう出てしまった…100均VRメガネ(360 Worlds)
新しいInsta360は360度だけじゃない!「Insta360 EVO」登場(360 Worlds)
Oculus GoやPSVRからVuze XR内のファイルを直接閲覧する方法(360 Worlds)
[3D180] 横瀬「あしがくぼの氷柱」2021 - The Ashigakubo Icicles 2021(YouTube)