地震情報 12月3日6時37分ごろ発生

地図
震源地
山梨県東部・富士五湖
最大震度
5弱

今後の情報にご注意ください詳細

タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね

キヤノンから3DVR撮影専用レンズが登場!

わっき

映像ディレクター/デザイナー/パノラマ写真家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

コンシューマー向けのVRカメラと言えば、以前「Insta360 EVO」をご紹介しました。
進化したVRカメラ登場!360度も180度の立体撮影も可能「Insta360 EVO」

これをもっと本格的に撮影するとなると、専用のカメラが必要だったり、撮影後の後処理が大変だったりするのです。

そんな中キヤノンから新しいレンズ「RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE」が発表されました。

RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE
RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE

同社のミラーレスカメラで使用できるRFレンズなのですが、現時点で対応とされているカメラはEOS R5のみとなっています。

左右視差のある180度の2つの魚眼レンズをひとつのCMOSセンサーを通じて記録するため、カメラ位置の調整や同期設定、撮影後の映像のつなぎ合わせ作業などが不要となります。

2つの円周魚眼が並んだ形で記録される
2つの円周魚眼が並んだ形で記録される

EOS R5では8K動画が撮影できるので、高解像度で高品質な3DVR映像がかなり手軽なものになるのではないでしょうか。

2021年12月下旬発売予定で、キヤノンオンラインショップでの価格は275,000円(税込)。

カメラとレンズを合わせると80万円近い金額になるので、個人ではちょっと手が出しづらいですよね…。

とは言えカメラマンや映像制作会社がVRを導入しやすくなるということは、良質なコンテンツも増えていく期待もありますね。
一般ユーザーとしてはそっちの方が楽しみです♪

動画なども含めた詳細な情報はブログをご覧ください

■キヤノンから3DVR撮影専用レンズ「RF5.2mm F2.8 L DUAL FISHEYE」登場!
https://360.hatenablog.jp/entry/2021/10/06/215506

3DVRを手軽に視聴するには?

ではこの様なカメラで撮影された3DVR映像は一体どうやって楽しむのでしょう?

スマホVRが一番お手軽♪
スマホVRが一番お手軽♪

一番手軽なのはスマホに100均などでも購入できるVRグラスを装着すること。

もちろんVRゴーグルを使えばもっと臨場感は増しますよ!

関連ブログ記事&YouTube

シェア

いいね

コンテンツへの感想