タイトル画像

モノ/ガジェット

  • いいね エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

爆破ロケの聖地でヒーロー気分!映えまくりの撮影方法教えます

わっき

映像ディレクター/デザイナー/パノラマ写真家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

10月24日(日)埼玉県寄居町にある採石場で開催された「爆破撮影ツアー」に参加してきました。
実はこの場所、関越道花園インターからのアクセスも良く、50年程前から爆破シーンの撮影に使われている「爆破ロケの聖地」なんです。

この風景見覚えかるかも?
この風景見覚えかるかも?

爆破には粉が飛び散るセメントと、炎が上がるナパームの2種類あります。

左:セメント 右:ナパーム
左:セメント 右:ナパーム

今回の爆破撮影ツアーでは複数のチームが扇型に並んで同時に参加し、離れた場所からカメラマンが撮影する形でした。

撮影のポイントは3つ

  • ローアングル
  • 望遠レンズ
  • マニュアル撮影

この様に撮らないと爆破の迫力が表現できないんです。

カメラマンの腕の見せ所
カメラマンの腕の見せ所

スマホのインカメラだと爆破がちょろっと写る程度ですが…

スマホのインカメラだと何の写真だかわからない…
スマホのインカメラだと何の写真だかわからない…

遠くから望遠で撮影すれば、炎に包まれているような大迫力!

望遠レンズならこんなに大迫力!
望遠レンズならこんなに大迫力!

人物の大きさはだいたい同じなのに、爆破の見え方が全然違いますよね!

今回は単発のイベントでしたが、定期開催できるように準備を進めているとのことなので、是非とも非日常な体験を楽しんでみてください♪

関連記事

■動画レポートやもっと詳しい情報はブログをご覧ください
合成じゃないよ!寄居町「爆破撮影ツアー」体験レポート(外部リンク)

シェア

いいね

  • エラーが発生しました。
    時間をおいて再度お試し下さい。

コンテンツへの感想