iPhoneが本格的なカメラに大変身!使いやすくなった新機種「miggo PICTAR PRO」

わっき

映像ディレクター/デザイナー/パノラマ写真家

QRコード

スマホ版Yahoo! JAPANのフォローで最新情報をチェックしてみよう

iPhoneのカメラってキレイに撮れますよね。
メインカメラとして使っている人も多いのではないでしょうか。

でもアプリの画面をタップして使用するので、操作感はスマホそのものなんですよね。
もっと本物のカメラみたいに操作したい!
miggo「PICTAR シリーズ」はそんな願いを叶えてくれるアイテムです。

今回はその最新版「PICTAR PRO」をCP+2019で体験してきました。

対応機種はiPhone6以降。今現在使っている最新機種で使ってもOK、機種変して使わなくなってしまったiPhoneをカメラとして再利用するのもアリでしょう。

iPhoneをセットしたらPICTAR専用カメラアプリを起動。挟み込むだけなので機械的な接点はありません。
これだけで通常のカメラアプリにはない多彩な撮影が可能になります。

シャッターボタンを半押しするとフォーカスが合い、さらに押し込むと撮影。この辺りの操作感はカメラそのもので、置きピン撮影もスムーズです。

撮影モードは9種類(オート、マニュアル、シャッター優先、マクロ、スポーツ、ISO優先、セルフィー、ビデオ、フィルタ)から左側のホイールで簡単に変更できます。右側のホイールは露出の変更で、下に押し込むとフロントと背面のカメラを切り替えできます。

またズームスイッチはダイヤル型からスイッチ型へ改良され、よりスムーズなズーム撮影が行えるようになりました。動画撮影時に威力を発揮するでしょう。

本体底面には1/4インチの三脚穴があるので、しっかり固定して撮影することも可能。
上部にはホットシューマウントも装備、LEDライトや外部マイクも装着できます。

カメラ部は覆っていないので、マクロやワイド、望遠などの各種スマホ用レンズも併用できます。

さらに専用シリコンファインダーを装着すれば、明るい光の下でも鮮明にプレビュー可能です。

「PICTAR PRO」は2019年夏発売予定。(従来品は発売中)

シェア

いいね

コンテンツへの感想